お取り寄せ

台風19号から一夜明けて│必要だった防災グッズ。

台風

台風19号で被害に遭われました皆様お見舞い申し上げます。台風の上陸から一夜明け、風はまだきついものの台風一過となった東京。朝テレビをつけてみた景色は、荒川、多摩川の一部が決壊したり千曲川が氾濫したりと想像以上の被害でした。

運良く被害のなかったわが家ですが、防災対策、防災グッズは完璧だったかと聞かれると残念ながらノーと言わざるを得ません。事前に準備してなくてはいけないものをリストアップしていたものの足りないものは出てきました。

そこで、今回はあらためて防災対策に必要だと感じたものをリスト化してみました。

台風19号を経験し必要だと感じた防災対策・防災グッズ

台風

台風が過ぎ去りいつもの生活が戻りましたが、昨晩の恐怖を忘れないうちに必要なものを書き残しておきましょう。平穏な日のなかで「本当に必要な」防災グッズを思い出すことは難しいと思うので、記憶に新しいうちにしっかりメモしておきましょう。

水害保険は気持ちの安定剤になる

水害

防災対策に一つで私個人的にいちばん必要だと感じたのが水害保険です。わが家が水害保険に入っていない理由は、水害被害の少ない地域だから。家を購入する前にハザードマップ、地盤、過去の自然災害の影響をチェックしていたので水害保険は必要ないだろうと考えていました。

昨日の台風も水害被害はありませんでしたが、今回のように過去に例を見ない台風がきた場合、過去の災害指標は意味がないと感じました。家の周囲は昨日の正午ごろにはすでに水たまり(というかもう池のような状態)ができている状態。家の前の排水溝は小さな噴水のように水が湧き出ていたからです。

使わないとしても、気持ちの安定剤に保険は必要かもと感じた出来事でした。

窓の下から入ってくる雨水にも気をつけて!

こちらは昨晩私がツイートしたものです。2階の掃き出し窓から雨水が侵入していることに気づき、タオルをつめていたんですが雨水の量が想像以上でタオルをとっかえひっかえしても追いつきませんでした。

タオルが濡れたら浴室乾燥機で乾かして、また窓に挟んで・・・こんなことならタオルを大量に用意しておけばよかったと後悔。タオルは他の用途でも使えるのでストックしておくに越したことはありません。

マネしたいアイデア

養生テープの新しい使い方

養生テープ

養生テープの貼り方はSNSで賛否両論ありましたが、窓から雨水が入り込んだ経験をしたので私はこの案を押したいと思います!

養生テープは確かにガラスが割れたとき破片の飛び散り防止に役立ちますが、養生テープを貼ることで『窓の強度を下げる』説をSNSで読んでから、窓に養生テープを貼らないことにしました。テープを貼るのではなくダンボールを貼る!

なぎママ
なぎママ
窓が割れるほどの強風、物が飛んでくる状況なら避難所に行きましょう、というコメントも見ました。納得ですね^^;。

まとめ

台風を経験する前と経験したあとでは、必要な防災グッズも変わるもの。家の状況、環境によっても異なると思うので「自分の家に本当に必要なものとは?」を考える時間になりました。

飲料水、食べ物はストックが多いほうがいいですが、私は電気が使えるうちにご飯を炊いておにぎりを作ったり、卵焼きを作り置きしていました。お箸がなくても食べられるものをメインに・・・。

これも真夏だったら食材がすぐに痛むのでできませんが、限られた状況でできること、アイデアもためていきたいですね!

▼ポチっと押していただけると励みになります。


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!