Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

「いつまでに・何を・どのくらい?」がいかされている公約。

公約

朝の東京新聞に、衆院選主要7党の公約が載っていました。とても見やすく比較しやすかったので、じっくり読んでしまいました。この中で、私が惹かれた一文があります。

いつまでに・何を・どのくらい

惹かれた一文は、希望の党の公約でした。

2030年までに原発ゼロ実現を目指す。確実な住民避難措置を前提に再稼働を認める

引用:東京新聞

決して「希望の党」に一票をいれる、と公言しているわけではありませんので読み流してくださいませ。

以前勤めていた職場で、所属していた部署の会議資料を作ることがありました。今振り返っても、決して完成度の高い資料ではないんですが(-_-;)、資料を作るにあたり意識していたことが一つだけありました。それが、

いつまでに・何を・どのくらい

です。

上司から「会議資料には必ず期限を設けること」と、強く言われていたので資料に数字を含めることは必須でした。だからなのか今でも数字に目がいくんです。

希望の党の公約だけだった

最初に戻りますが、東京新聞に載っていた先ほどの希望の党の公約をもう一度観てみると、まず

2030年までに

という、具体的な期限が設けられています。新聞を読む限り具体的な期限を設けているのは希望の党だけでした。自民党の2019年10月に消費税率10%引き上げは、国民にとってマイナスな内容なので逆効果。

未来のことなので出来る出来ないは別として、期限を設けることって結構勇気がいります。出来れば大きな功績を残したことになるし、出来なかったら「やっぱり」「口だけ」と言われます。

心に響かない公約

国民は、具体的な未来が知りたいんです。具体的な未来を想像するには期限が必要でそこはさけて通れない。

これって政治じゃなくても言えること。テスト勉強にも仕事にも当てはまります。

いつまでに・何を・どのくらい

具体的な数字に導かれる

具体的に数字を出すことにより、その数字に導かれるんですよね。達成させるために、いろんな手段を人は考えます。そうして周りに発表することにより有言実行する。

足の引っ張り合いはやめて、どの政党も日本のために有言実行してほしいと思います。未来の日本のために、正しい選択をしないといけない私たち国民にも大きな責任が生まれますね。

さてと・・・。もう一度公約を読み返すかな(;´Д`)。