Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
お掃除方法・グッズ

<脳科学>整理整頓できる人とできない人の具体的な違い。

整理整頓と脳科学

最近、脳科学に興味津々のなぎママです。私には今どうしても超えられない壁があるのですが、超えようとしている自分を止めているのは誰でもない自分(脳)だということを知りました。毎日の暮らしの中で脳(科学)についてじっくり考えることなんてフツーありませんよね(;’∀’)。目の前のことを処理していくことに必死なので。どちらかと言えば脳より心(感情)を意識しているのだと思っていましたが、そもそもその「感情」自体も脳からの指令。そう考えだすと「脳」ってなんぞや?と考え始めたわけです。

私は整理整頓できてる?できていない?

リビングのテーブルにノートパソコンを置いてブログを書いている私。パソコンの横にはいつから置いているかわからない本と目薬、スマホ、毛糸(編み物の途中)が置きっぱなし。片付けないと、と心では思っていても「明日、片付けよう」と後回しにしていました。自分の怠慢(感情)ですが、この行為も脳と深い関係があるんだよなぁと考え始めました。脳について考え始めた頃、思い出したできごとがありました。

仕事ができないレッテルを貼られた先輩

前の職場に、自分のデスクの整理整頓ができない先輩がいました。知識もあるしわからないところを聞いても優しく教えてくれるのですが、ちょっとずるいところもあったりする先輩でした(笑)。上司が何度も「デスクを整理整頓するように」と注意しても何故か片付けない。先輩とは真逆タイプのその上司の机はビックリするほどいつもキレイでした。というより上司不在時のデスクは物がなに一つない。仕事ができているのか?と思うほど。無駄がなかったんです。「仕事のできる人とできない人の違いやなぁ~(笑)」なんて2つの机を見比べては仲間と話していましたがそれって実は本質をついていたんです。

脳は知っている!コントロール能力に長けている人、いない人

脳の専門医によると、

仕事ができる人は、仕事や自分自身、身の回りにあるモノをコントロールする能力に長けています。脳のメカニズム的にも、整理整頓はしたほうが良い。整理整頓が苦手な人は、このうち非言語理解を司つかさどる『理解系脳番地』の発達が弱い。つまり、空間や図形といった視覚情報を理解する力が乏しく、デスクが散らかっていても、散らかっているという状況を正しく認識できない。

(引用:THE21ONLINE

私がリビングに出しっぱなしにしている物については「散らかっている」認識はあります(笑)。ただの怠慢(余計にアカンやろ)なのでこれには該当しませんが、整理下手の姉や姪っ子を思い出すと確かに当てはまります。

母と私が「散らかっている」と認識しているスペースでも、姉や姪は声をそろえて「そうかな?(ちらかってるか?)」の返答。彼女たちは怠慢なのではなく「散らかっているという状況を正しく認識できない」だけだったのです。このことが分かっていれば母も私もイライラしなくてすんだのにな~(笑)。

整理整頓ができない人の特徴

姉と姪の共通する点をあげてみると、

  • 物事を客観的にみることができない。
  • 使ったものを元に戻す、という概念が欠落している。
  • 余裕がない。(多忙かどうかは関係がないそうです)
  • 仕事とプライベートのオンオフが苦手。
  • 時間にだらしがない。
  • 自分は正しい、と思いがち。
  • いつも誰かのせいにする。

あ~・・・納得(笑)。

整理整頓ができている人の特徴

  • 時間の使い方に無駄がない。
  • 快適な環境づくりが良いものを生みだす、ことを知っている。
  • 段取り上手。
  • ストレスが少ない。
  • イライラしない。
  • 人のせいにしない。
  • 素直。
  • 謙虚。
  • 負けるが勝ちを知っている。

整理整頓とは関係のなさそうなものばかりですが、「頭の中(脳)」を「机の上」と考えるとわかりやすいですよね。机の上(頭の中)が整理整頓できていたら探しものをする時間もない(時間に無駄がない)し、探し物がすぐに見つかるのでストレスを最小限に抑えることができる、常に机を整理できるということは段取り上手でもあるし自分が手をつけないかぎりキレイにならないことも知っている(人のせいにしない)。机の上が散らかれば素直に反省し元の状態に戻す。反省することで物事がスムーズに進むことを知っていれば、他人と言い争うことも少ない(負けるが勝ちであることを知っている)。

マインドフルネスを活用している人も当てはまるのではないでしょうか?

まとめ

脳に関するいろんな情報を集め、あらためて一からざっと読み返すと「たかが整理整頓」とは思えない。自分の起こす行動、考えで連鎖していく未来を考えるとリビングに置きっぱなしをものは今すぐ片付けようという気持ちになりました(笑)。小さなストレスがいずれ大きなストレスを生み、それが悪循環となる。考えるだけでもおそろしい(;’∀’)。

整理整頓の苦手な方も、一度考えてみませんか?整理するということの本当の意味を(脳科学って面白い!!!)。