Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
それでも家は買えるのか

家を購入した方必見!インスタから学ぶ引っ越し前に揃えておくグッズ10選。

インテリア

インスタで「#(ハッシュタグ)インテリア」を検索し、すてきなインテリアを眺めることにハマっているなぎママです。眺めていて思うのですが、みなさんインテリアのプロですか?と。なぜ、そんなにセンスがいいのか、アイデアがわくのか・・・。

とにかくインテリアの雑誌を買うよりも、参考になることが多いインスタ。そんなみなさんのアップされている情報の中には「これは買っておかないと!」と思うものもたくさんあります。知っている方にとっては「いまさら?」と思われるかもしれませんが、必要なければその商品を探すことも、思いつくこともないわけでして・・(;´Д`)。

すでにご存じの商品ばかりかもしれませんが、慣れない私にしばしお付き合いください。

インスタで見つけた必ず買っておきたいグッズ

引っ越しするにあたり、事前にそろえておいたほうが良いものリストを作ろうと考えた私はさっそくインスタでチェック。すると目からうろこの商品がぞくぞくと出てきます。そこから振るいにかけて、わが家で本当に必要なものだけを絞り込もうと思います。おおまかな費用も知っておきたいし・・。

洗濯機設置前に「ふんばるマン」

賃貸暮らしの人生だったので部屋に当たり前についていた洗濯機の防水パン。これ、新築の家にはついていないほうが多いんですね(またオプション費用がかかる・・)。つけないといけないのかと思いきや、洗濯機から水漏れしたら防水パンごときでは防げないらしく(;´Д`)、防水パンをつけないご家庭が多いことを知りました。

防水パンのかわりにみなさんがそれているものがこちらの商品。

洗濯機の振動を軽くしたり、排水口の位置が洗濯機の真下でもホースを通すスペースができる、それに掃除がしやすい!洗濯機周りはほこりが集まりやすいのでこれはうれしい。

お風呂に「防カビくん煙剤」

引っ越し前にほとんどのかたが使われていたこちらの商品。口コミの評価も高いです。

事前に使っておくことでカビを防げるし、2カ月に一回程度使うと防カビ効果も持続するとか。日々のお風呂掃除が楽になります。

お風呂に「お風呂用クリーナー」

「防カビくん煙剤」と同じくらいよく使われている商品。FRP、ホーロー、人工大理石で使用できます。お風呂を使うときまでにクリーナーで掃除しておくと後々の手入れが楽だとか。

洗面台に「洗面用クリーナー」

「お風呂用クリーナー」と同じシリーズ。洗面用もありました!

キッチンシンクにも「シンク用クリーナー」

インスタでビフォーアフターを見ましたが、水のはじき方がハンパなかったので絶対に買います。

トイレには「トイレ用クリーナー」

新居のトイレを誰かが使う前に必ずコーティングしておきたいもの。「知らぬ間に家族がトイレを使ってたー!しまったー!!」というコメントを拝見したので(笑)、他のどのクリーナーよりもいの一番に使おうと思います。

お風呂排水溝用「髪づまり防止ネットへアピタ」

100均推しの方って結構いらっしゃいますが、私、100均のものってあまり信用していないんですよね(;´Д`)。だってすぐに壊れませんか?前に購入したホッチキスもすぐに壊れたし。「あ~、やっぱり値段が値段だからな」と思うことが過去に多かったというか。「クルッとキャッチ」も人気ある反面「買って後悔した」というコメントも見かけるので迷っています。

私はこちらも使ってみたい。流れてたまった髪の毛って見るのも気持ちのよいものではありません。こちらの商品だと排水溝にたまった髪を隠してくれるのであとで家族がはいっても排水溝のゴミが気にならない優れもの。

万能クリーナー「コードレス回転モップクリーナー」

インスタでモップの使用感をみて「絶対に買う」と決めたもの。窓ふきはこれ一本で助かりますね。

コンロフレームカバー

コンロまわりの汚れは落とすのが大変。毎日そうじをすればいいだけですが、なかなかね(;´Д`)。これは本当に良いと思います!

なにがビックリってほとんどのご家庭(引っ越し前)で設置されていること。私はこの商品の存在すら知りませんでしたー!

便器と床の隙間に「汚れをしっかりガード」

こちらは専用の商品があるわけでなく、前者のフレームカバーをトイレに使います(アイデアはインスタのみなさんの投稿から)。市販のものってちょっと使うのに抵抗があるデザインだったりするので(ごめんなさい)。フレームカバーが引用できれば目立たなくていいですよね。

まとめ

探せばまだまだ出てきそうですが、また見つけたら追記しようと思います。家によって商品のサイズが合わなかったり、使ってはいけない素材だったりする可能性もあります。

不動産会社の営業の方から聞いたのは、フロアコーティング問題。床にあわないコーティングをしてしまい床材がボロボロになってしまったケースも過去にあったみたいで、「ご自身で業者を探される場合は当社の扱う物件の実績があるかどうか確認されたほうがいいと思います」とのことでした。

なるほど。なんでもいいわけじゃないんですね。勉強になりました( ..)φメモメモ。