Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

台風24号 | 至急買い集めた防災グッズと停電時に行ったこと。

停電

台風24号の影響で、10/1の夜中に停電したわが家。私はすでに就寝していましたが、まだ起きていた旦那が「停電したから寝る」と寝室へやってきました。寝ぼけていた私は「やっぱり停電したかー」と思ったくらいで再び就寝。その1時間後くらいに急に「え?停電!?冷蔵庫は大丈夫?水は?水は出るのか??」と一気に不安がわいてきました。

蛇口をひねると水は出たのでとりあえず一安心。冷蔵庫の開閉も極力おさえるよう家族に伝えました。外ではうなるような風の音が続いています。窓から外をみると地域一体停電しているため、灯りの漏れている部屋は1つもなく風の音と真っ暗な景色だけ。

高台にあるうちから府中、調布方面が見渡せます。そちらはキラキラした灯り、いつもの景色が広がっていました。「あ、停電しているのはココだけなんだ」。ほっとするより余計不安に。ただ、今の私たちにできることは何もないので再び就寝。

朝、カーテンの隙間から差し込む太陽の日差しで目覚めました。夜中の台風がウソのような台風一過。とりあえず現状把握せねば!!

台風にそなえて行っていたこと

まずは情報を得なければ!でも停電しているのでテレビは使えないし、うちにはラジオもない。スマホしか情報を得ることはできません。私のスマホはほぼフル充電できていましたが、旦那は充電する前に停電したので電池の残量もない状態です。

そこで、私の台風対策が役立ちます!というのも、東京に台風がやってくることは前日からわかっていたのでノートパソコンをフル充電させておきました。スマホ充電用のUSBケーブルをノートパソコンにつなげてパソコンから電気をもらいます。これで旦那のスマホ対策はOK

あと、私が仕事で使っていたガラケーも前日にフル充電。電話をかける必要性が出てきたらガラケーを使うよう家族にも周知。

台風24号の爪あと

冷蔵庫の開閉を極力おさえたい、プラス近所の状況を知りたかったので朝ごはんを調達しにコンビニへ。同じ地区のコンビニは停電している可能性が高いので、少し離れたコンビニへ。

近所を探索

自宅近くの信号機も停電。こりゃあ、大変だ。横断歩道では車に道をゆずってもらいながら信号を渡りコンビニへ向かいます。その道中にこんな景色が・・。

なぎ倒された木

根っこから木が倒れていました。台風の恐怖を感じる瞬間。

なぎ倒された木の根っこ

倒れた木を横目で確認しつつ、コンビニへ向かいます。コンビニ近くの信号機は正常に動いていたのでその近辺は停電していないことを把握できました。さらに私たちを安心させたのは、コンビニ近くのスーパー。そのスーパーは普段から利用しているので物資の調達に問題ないこともあわせて確認できました。コンビニに行っても食料がない!という状況はどうやら免れたようです。

慌ててそろえた防災グッズ

台風21号で実家が停電・断水をしたため近々そろえようと考えていた防災グッズ。でも、まだなんだかんだと言い訳しながらそろえていなかったわが家。いざ停電が起きると困ることだらけ(;’∀’)。とりあえずスーパーですぐに必要な防災グッズを買いそろえました。

うち・・・オール電化なんですよね・・(泣)。停電しちゃうとお湯もわかせない。とりあえず火を使えるようにしなければ!ということでガスコンロとガスボンベを購入。

防災グッズ

水は使えていましたが、いつ何時断水になるかもわからないのでトイレの非常用袋も購入しました。他には懐中電灯(めちゃくちゃ小さいものしかなかったので追加購入)とガスコンロで小さなポットが使えるよう五徳も購入。あと電池も忘れずに。

防災グッズ2

これらの防災グッズを手にして自宅に戻ると、なんと電気が復旧していました!!!マジかー!!!もう少し(買うのを)待てば良かったーーーっと言った私に旦那が一言、

それは結果論。

は、はい。すんません(;´Д`)。必要ですよね。停電しなければまだまだ先延ばしにしていたものばかりです。それに足りないものもまだたくさんあります。

まとめ

自然災害はなければないに越したことはありません。でも、うちのように「いざという時なにもない!」ってことにならないよう防災グッズは本当にそろえておかなければいけません。

今回はたまたま断水を逃れましたが、断水した地域、ガスが止まった地域もあります。うちのお隣には小さな赤ちゃんのいるご家庭。オール電化なのでお湯をすぐにわかすこともできない。

お年寄りのいるご家庭や、からだの不自由な方には介助も必要です。それを考えるとご近所づきあいも必要不可欠なのではないかと。今の日本の災害状況を考えると、マンションだからとなりに誰が住んでいるかわからない、把握しなくてもよい、といった考えももはや通用しないのかもしれません。

それに、日常何気なく使っているもののありがたみや電力会社さんへの感謝など、停電を経験するとこれまでの考え方も変わるもんですね(^_-)-☆。