Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

郵便局vsきらぼし銀行 | 窓口対応はきらぼし銀行の勝ち!な件。

窓口対応

朝からいろんな場所へ「はしご」し、やや疲れ気味のなぎママです。フルタイムで勤務していた頃と比べると今の生活なんて楽ちん極まりないはずなのに、今の生活に慣れるとちょっと銀行いくだけで「疲れた~」となってしまうのは私だけか??

引っ越し前の(立地に)慣れた環境でお年玉の準備をしておきたかった私(どんなけ気が早いねん)は、お札を新札に変えるべく銀行へ向かいました。

いつもなら銀行の両替機で済ませるのですが、両替機では五千円札を新札にできないことが判明!マジかー!!

五千円札を新札に換えるには

銀行の窓口で新札に換えてもらえることはもちろん知っていましたが、出かけたついでに寄れる場所と言えば郵便局だったので、事前にネットで「郵便局 新札 交換」のワードを検索。

郵便局にはそもそも新札を置いていない(少ない)ので、「事前に郵便局へ連絡し、新札に変更してもらえるか確認するのがベスト」とネットでは書かれていました。でもわざわざ電話して、確認して、って面倒くさいのでダメもとで行って聞いてみることに。

郵便局員の対応にイラッ

でかけついでに郵便局へ。郵便局でキョロキョロしていると窓口に座っている男性が「なにかお探しですか?」と声をかけてくれました。が、笑顔もなく座ったままの威圧的な言い方。この時点で、

なぎママ
なぎママ
あっ、コイツには聞きたくない

と感じた私。でも、空いているのは「コイツ」だけ。仕方なく、「新札に両替していただくことってできますか?」と聞くと、

「郵便局は新札置いてないんで」

と無表情崩さず。人を不快な気持ちにさせる言い方。ダメもとで聞いただけですけど、その言い方はちょっと。

いつも優しく対応してくれていた郵便局

どの郵便局に行っても本当に皆さん愛想がよく、気持ちの良い接客をしてくださっていました。もちろんその郵便局の他のスタッフさんもです。だから郵便局に行くのは好きだったんですよね。

なのに、だ。「コイツ」のせいで郵便局のイメージがだだ下がり。いつもなら必ず「ありがとうございます」と一言お礼を伝えて去りますが、「コイツ」には言う気持ちもわかずサッと出ました。

きらぼし銀行の窓口対応が神

モヤッとした気持ちを抱えたまま歩いていると、すぐ近くに「きらぼし銀行」発見(旧八千代銀行)!さいわい空いている時間帯だったため、すんなり窓口で両替してもらえました。

用紙に記入するときも窓口の方が笑顔で丁寧に説明してくださったり、また記入時には窓口をふさがないほうがいいかなと思いはしっこへ移動しかけた私にコソッと「他のお客様もいらっしゃらないので、こちらで書いていただいてかまいませんよ」と声をかけてくださいました。

なので、ほんとうにあっという間。きらぼし銀行さんのおかげで郵便局を出たときのモヤッとした気持ちはきれいさっぱりなくなっていました。

サービスってこうだよね。利用する側がえらいわけでも、利用される側がえらいわけでもない。互いに気持ち良く目的を果たすことがサービスだと考えると、やはり郵便局員の態度はないわ~。

まとめ

とっさに出た対応だったとしても、その一回でお客さんを失うこともありますし、その逆も。きらぼし銀行さんの気持ちの良い対応で「口座を作ってもいいかな」と考えるまでになった私。

きっかけは些細なことでも、柄な対応ひとつで変わることがあるってことを「アイツ」には知ってもらいたい。

ほんと、きらぼし銀行さんありがとう。ありがとうございました。