その他のカテゴリー

この世界の片隅に│ はじめて感じた戦争の恐怖といのちの尊さ。

この世界の片隅

ドラマ『この世界の片隅に』を見て、現実とテレビの間で放心状態となりました。電子漫画でタイトルを見たときから興味をもっていたのでドラマ化してほしいと願っていましたがドラマは実写だけあって戦争の描写に真実味が増すというか…昨日はラストのシーンがシーンなだけに見ているのがツラかったです。

平和な生活に影を落とす戦争

戦争

空襲警報が発令される回数がだんだん増えていく呉市。すずの暮らす北條一家も気が気でありません。そんな中でも周作とすず夫婦の絆はどんどん深くなります。

ある日、周作の父円太郎の職場に爆弾が投下されたことをラジオ放送で知った北條家。確かな情報を得られないまま円太郎の安否がわからず不安な日々を過ごします。

周作の姉径子は父の職場近辺の病院を歩きまわり円太郎の無事を確認、ほっとする北條一家でしたが文官だった周作も武官になるため数ヶ月家を離れることに…。周作のいぬまに起きたすずの悲劇とは…。

毎日の暮らしがいかに幸せかを気づかせてくれる

食べるものがなくても寝起きできる場所があり家族もいる。そんな小さな幸せに改めて気づかせてくれる『この世界の片隅に』。このドラマの良いところは暗い話題ばかりでないこと、例えばすずと友人たちの会話の中に笑いのエッセンスも散りばめられています。

緊張感しかない世界だと思っていましたが、いつのときも「笑い」は心にゆとりをもたせてくれますね。

リアルな恐怖心

これまで見てきた戦争ドラマの中ではこの『この世界の片隅に』が恐怖をより身近に感じさせます。ドラマを見終わったときの恐怖といったら言葉にできないものがありました。鳥肌が立つほどの恐怖、俳優さんたちの縁起にも脱帽です。

まとめ

毎年8月になると平和とは何かを考えます。戦争を語り継ぐ人が少なくなってきていることをニュースで知りましたが、こうしてドラマや映画で描写をしていく、繰り返し放送することはとても意味があるのではないかと感じました。

『火垂るの』も数え切れないくらい見てきましたが、どれだけツラくとも見なければいけない、見る義務がこの被爆国日本にはあることを理解しておかないといけませんね。

▼ポチッと押して頂けると励みになります!


エンターテインメントランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

error: Content is protected !!