Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

イッテQヤラセ疑惑 | エンターテインメントの一環として見ると。

世界の果てまでイッテQヤラセ疑惑

なにか問題が出た時、その問題に対するマスコミのあおり方がハンパないなぁと感じているなぎママです。

「世界の果てまでイッテQ」の「お祭りヤラセ疑惑」もそうですよね。ここぞとばかりにマスコミや他のテレビ局がニュースに取り上げていましたが、イッテQの視聴者ははたしてどこまで「問題」ととらえているのか。

イッテQのヤラセ疑惑に何を思うか

毎週ではないにしても、「世界の果てまでイッテQ」は私も見ることがあります。世界各地のイベントにレギュラー陣が飛び込み参加したり、限界にチャレンジしたり。笑いや感動をたくさん感じることのできる番組だなぁと感じてはいました。

が、私はテレビ(メディア)を100%信じているわけでもなく(;^_^A。

ガチなチャレンジもあるのかもしれませんが、テレビで流れるものは「段取り」ありきだと思っています。生放送でない限り編集も自由にできるわけで。

実際にテレビで流れている映像は「笑い」で溢れていても、現場では「笑えない」状況もあるかもしれない。でも、編集次第でどうにでもなりますよね。そこに「正義」を出してしまうとエンターテインメントとして全て成り立たないような気がします。

観覧席の一列目

なぜ私が「テレビで流れるものは「段取り」ありき」だと考えるようになったかというと、芸能界を目指していた友人から聞いた「ある話」がきっかけでした。

友人は昔、明石家さんまさんの「恋のから騒ぎ」のオーディションを受けに行ったことがあるのですが、オーディションと言えどいろんな情報が耳に入ってくるそうです。そこで、こんな話を聞いた友人。

テレビの観覧席に映っている一列目の女性は、ほとんどがどこかの芸能事務所に所属している

「東京の人ってキレイな人が多いなぁ」と思いながらテレビを見ていた私はこの話をきいて納得。だよな、やっぱりそうだよな。そんな都合よくキレイな人ばっかり集まらないよね。見栄えの良い人、前列に置くよねと。

それと同時に「テレビって怖い」と思ったのも事実。

番組を作る立場で考えてみる

でもそれって悪い事じゃない。すべてその番組のためです。イッテQもそうです。番組を作る立場で考えると、

  • 費用(予算)
  • 撮れ高

は絶対に同じ価値でないといけない。でも、同じ内容では視聴者も納得しない。新しいものを提供してこそ、番組としての価値がある。

まぁ、そこまで考えながら毎回テレビを見ているわけではありませんが「ヤラセ」的な作り方をどの番組もしているんだろうな、とは思っています。それを悪いとは決して思いません。

問題となるのは

今回問題となっているのは、そこにないお祭りを「あるように」演出してしまったことが問題なんですよね。

それは理解できますし、日テレさんも誤っていますよね。誤解させるような内容になってしまったって。

だったらもうそこで終わってもいいような気がするけどな~。いつまでもニュースで取り上げる他局は、他に報道することないのかな~なんて思っちゃいます。

さいごに

テレビってニュース以外は良い意味でフェイク(エンターテインメント)の一環だ、と思ってみれば何かに依存することもなく楽しめるのではないでしょうか。

今回のイッテQに関して言えば、腹を立てる視聴者も多くはないのでは?という気がしますし、マスコミの「あおり感」のほうが問題のような気がするのは私だけでしょうか(;’∀’)。