Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

だから部下から嫌われる | デキない上司が共通していることとは。

ブラック企業

旦那の会社の上司がデキなさすぎてイライラしているなぎママです。昨日(今日の)0時過ぎに帰宅した旦那。繁忙期でもないのにこの時期に、ここまで遅い帰宅は滅多にないから心配していた私。

LINEをしてみるも既読にすらならず。電話を鳴らしても出る気配がなく。仕事中なのにしつこく鳴らすのもなーと思ってはいましたが「今日は早く帰れる」と事前に聞いていただけに「何かあったのかな」と不安がよぎり1時間後もう一度連絡するとやっと繋がりました。

どうやら、上司と一緒に仕事をしていた(急な仕事を押し付けられた)そうですが話を聞けば聞くほどその上司がイタすぎて、旦那より私のほうが怒りマックス!!!

ブラック企業に勤める旦那

旦那は上場企業のサラリーマンですが、巷では「ブラック企業」なんて呼ばれることも。そのおかげ!?で、会社の体制も変わったかのように思えましたが・・。いやいや、それも一瞬だけで、人(上司)が変わればどれだけ会社が変わろうとしてもブラックはブラック

まずは、人をどうにかせんかいっ!!!

だから部下から嫌われる!

最近、旦那の直属の上司が変わりました。移動になった上司も「〇〇さん、はじめて役職に就くから助けてやってほしい」と言われたそうです。

不慣れな環境のなか、そこになじむまで時間がかかるのは上司も部下も関係ないので「助ける」ことは当然仕事の一環なわけですが部外者の私からみても「いや、それ、不慣れとかの問題ちゃうわ」と思う部分が見えてきました。

現場の管理を任されている旦那は、現場社員のシフトを決める立場でもあります。皆の希望休を聞いてからシフトを決めるので、毎月シフト提出までギリギリ頭を悩まし、会社でできない時は休みの日に家で考えることもしばしば。

やっとできたかと思えば、上司から旦那の個人携帯に「シフト作り直し」の連絡。それがここ最近だと3回ありました。作り直す理由も上司とさらに上の管理職の言っていることが違うという・・・。

結局、元に戻せだのなんだので電話をしながらストレスを抱える旦那。その姿を見ている私。怒りマックスです。

デキない上司が共通している3つのポイント

旦那の職場の話と、自分が過去に勤めていた職場のことを思い出し「デキない上司とは?」を考えてみました。

1.報連相ができない

上司が部下に対してよく使う「報告・連絡・相談」ですが、これ上司にもいえますよね。けして一方通行なことではないと思うのです。それがうまくできない上司が本当に多い。だから部下は振り回されんです。

2.自分の都合で人が回っている

自分の伝達忘れが原因なのにそれに気づかず(もしくは気づいていないフリ)、部下に急な仕事を依頼する。「なんで数日前に伝えてくれなかったんだ」と感じる部下も多いはず。

3.人にお金を使わない

「お金は関係ない」って思う方もいるかもしれませんが、部下を上手に使うならそこに出費は絶対に必要です。私も以前、部下のいる役職に就かせてもらっていましたが部下にお金を出させることはほとんどありませんでした。

部下から「今日は払わせてください!」と言われ、伝票をさっともって行った以外は私が払っていました。というのも、私が先輩や上司にそうされていたからです。「仕事で恩を返す、それが部下の仕事」と思えたのもそういった上司の気遣いがあったから。

けして「お金で部下をつる」わけではありません。お金で人を使う人って使われるほうもわかりますし。そういう人って人の使い方も雑ですから。お金の使い方一つみれば「仕事のできる、できない」はわかるものです。

逆にケチな人って本当に人望がありません(笑)。ビックリするぐらい、上からも下からも慕われないし、それ以上の出世もありません。まぁ、自分が上司の立場で考えると、後輩にお金を使わない人って仕事も自分の利益のために動きそうであまり任せたくないなと思うかも。

旦那の上司は3つのポイントがそろっていた

そんなことがあっての昨日の深夜帰宅。どうやら2カ月先のシフトを明日の午前中までに作れと急に言われ、上司のそばで黙々と作業していた旦那。

帰宅後その状況を聞いていた私。旦那から思いがけない一言、

「こっちは仕事してんのに『お腹すいたからちょっと出てもいいかな』って言って出て行ったわ。いないほうがこっちも気分が楽だから『どうぞ、どうぞ』って返事したけどなんだよって思ったわ」

と。軽く食べられるものを買って戻って来たその上司。なんと自分の分だけ買って戻ってきたそうです!!!信じられんっ!自分都合で残業させてるのに!!!

私は心の中で叫びましたよ、「もし旦那が倒れたら、お前のせいや”(-“”-)”」

ブラック企業は「人」が問題

その時に気づいたんですよね、ブラック企業は「人」が変わらない限り変わらないと。会社がどれだけ体制を変えようが、一人の人間次第でブラックにもホワイトにもなると。

休日の部下に何度も連絡したり、急な仕事を押し付けたりする人が居る限り会社は変わらないし、管理職がそれに気が付かないとずっと「ブラック」は「ブラック」のままなのだと。

さいごに

ブラック企業に勤めている旦那さんをもつ家族はみんな気が付いていますよ。会社は体裁を取り繕うことに必至なだけで、現場へのしわ寄せは何一つ変わっていないこと。

だから、人不足も解消されない、会社に残っている人に負担が重くのしかかる、ロクな上司しか残らない。

現場を帰るのはCEOの「口だけ」じゃ無理。まずは現場に近い管理職から見直さないと。目線を変えないとブラック企業は永久になくならない・・・。