Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

<ハリルの解任劇>日本代表の監督交代について思うこと。

サッカー監督解任劇

ポーツ観戦が大好き!なぎパパです。今日は、最近賑わっているサッカーの話題について。サッカー日本代表監督の、交代劇がありました。あっ、ボクはサッカーについてはワールドカップとユーロをテレビやニュースでチラ見し、Jリーグは現在の順位すらろくに知らない門外漢です(-_-;)。

なので、これから先はサッカーに全く詳しくないドシロートが勝手に思う意見で、的外れな指摘であることが大いに考えられることをご了承くださいませm(__)m。

監督交代のタイミング

で、日本代表の監督交代なんですがこの時期に必要なんですか?

決めたのはサッカー協会なんでしょうけど、いまこのタイミングなの?遅くない?って思います。もうすぐ、ワールドカップ本大会が始まっちゃうんですよね?これからの時期って、戦術の確認と、コンビネーションや約束事の確認といった細部の詰めをしていく段階なんじゃないんですか。

このタイミングはサッカー界の常識なのか

世界的にこういうこと (本番の直前期に監督をはじめとするコーチ陣の交代) って、サッカー界ではフツーなのかなぁ。

監督の交代って言ったって、コーチ陣だってその監督がセレクトして連れてきてるはずですよね?だったら一緒にカットされるんだし、指揮陣総入れ替え。キツくないですか?

新しく監督になるヒトも相当キツいですよね。

新たな戦術で行くんですか?この時期になって。

その戦術に合う選手を、あらためて選び直すんですか?

そもそも、選手や解説者の方々がよく口にする ” 日本らしいサッカー ” ってどんなサッカーなんでしょう。ボクにはまず、そこがワカラナイ(;^_^A。

野球やラグビーはなんとなくわかります。野球ならスモールベースボールでしたっけ。投手陣を中心として堅実に守りつつ、攻撃は1発を狙うのではなく ” つなぐ ” バッティングで着実に1点を取りに行く。

ラグビーなら、早いパスとクイックネスで相手を広げて縦に行く、そのために原点となるスクラムをまずは徹底的に強化しましたよね。ダルマゾを特別コーチによんで、朝っぱらからスクラム組まされてましたね。

けどサッカーは?っていうと、日本の得意なカタチがよくわかんないんです。ポゼッションなのか、カウンターなのか。堅守速攻のリアクションカウンターサッカーしか選択肢はない、とボク個人的には思ってます。

ワールドカップのレベルでは。

でも、見てる側からしたらツマラナイ。やってる選手もツマラナイ。そのストレスもあるのかな、と思うんですが…。

日本がむかっていくべきサッカーとは

でも、サッカーをインターナショナルレベルでやりたい、とか無理じゃないですか。そんなこと言ってる選手こそが問題で、勝つチャンスを求めて ” やるべき ” サッカー をしなきゃならないのが現実。

日本代表のレベルからして。

世界的には中位以下でしょ?

世界的選手たちだって、代表では自分に求められてる役割を忠実にこなすんじゃないですか?

それとも勝手気ままにやりたいプレーをしてるのかな?

そもそもボクが思うに、日本代表の場合2つのチームが必要なのか、が問題ですよね。アジア用と、世界レベル用と。守備を固めてカウンターを狙ってくる相手を崩してふりまわす戦術・テクニックを持ったチームと、逆にそれを相手に仕掛けるチームと。

だって、アジア圏の相手に堅守速攻をやったらたぶん怒りますよね、見てるひとみんな。パスを回してポゼッションをキープしてバンバンチャンスを作って、っていうのを期待していますもん。

もちろん、相手によって戦い方を変えるのは当たり前の話だけど、チームとしてのキモである戦術を落とし込めない。いざとなったら抜く、抜けるっていう伝家の宝刀がない。

” ポゼッションやったけど、うまくいかねぇなぁ。仕方ない。こんな相手に使いたくないけど、得意なカウンターに切り替えるか、さぁさぁお好きにボール回してちょうだい。カマすから。見栄えが悪くても負けるよりはマシ。” ってならない。

日本代表の選手選考も、割り切って試合ごとのバージョンにすればいいのにと思いますよ。F1 みたいに。各レースごとに全く違うセットアップにするじゃないですか。

それと同じで、どんな戦術にもフィットする選手なんかいないんだから普遍的なスタイルの代表なんてないです。ワールドカップ予選仕様の代表と、本大会仕様の代表は全くの別物。

なぎパパ
なぎパパ
割り切っちゃえばいいのに。

本田、香川、長友、乾、はてはキャプテンの長谷部であってもその仕様に合わなければ呼ばないとか。

ベテランの落ち着きとか精神的支柱とか言うけど。あるプロ野球関係者の言葉 ” 精神的支柱なんてポジションはないんだよ ” ってのは正解だと思うなぁ。

まとめ

ともあれ決まったことは仕方ない。西野監督と選手たちにはやってもらうしかないですね。この荒療治が吉と出るか凶と出るか。

答えは2カ月後。

ただ結果が良くなかったとき、その責任をハリル前監督にすべて被せるってのは間違ってもしちゃダメ。そして今回のゴタゴタの責任もはっきりさせなきゃやっぱりダメ。
ワールドカップ終了後にはサッカー協会関係者が ” キチンと ” 筋を通してくれることを望みます。

ポチっと押していただけると励みになります!


全般ランキング