Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

<サッカーW杯>ベルギー戦の余韻が冷めないにわかサッカーファン。

サッカーワールドカップ2018

全にわかサッカーファンのなぎママです。おとといのワールドカップの余韻が拭いきれずまだ少し放心状態。ベルギーとの試合をテレビやSNSで何度も目にするので思い出しちゃいますよね。

もうね、ワールドカップについて記事にするのも恥ずかしいくらい「にわか」なんですよ、私。4年前はテレビでも見てなくて、なんならワールドカップだったの?くらいの熱だったんですよね。でも、今年はなぜかよくわからないんですが、3時に起きてまでリアルタイムに見ることにこだわった自分がいました。

歴史的瞬間が生まれそうな気がして。結果は負けちゃいましたが、歴史的な試合になりましたよね!

何度みても鳥肌もの!乾選手のシュート

原口選手と乾選手のシュートが何度も何度も何度も!SNSなどで流れています。何回みても気持ちの良いシュート。とくに乾選手のシュートは何回みても鳥肌がたちます!感動して涙でるくらいに(笑)。

はじめてです。サッカーを見て涙が出たのって。これまで涙がでるほど熱心にサッカーを見たこともないし、正直興味もなかった(あ、言ってもうた)のに。何これ、私、サッカーにハマってるやん!!

中傷ムードは嫌いなにわかサッカーファン

シュートを決めた選手が褒めたたえられるなか、誹謗中傷を受けている選手もいますよね。ネットのサッカー記事を読むのが楽しくていろいろ目にしましたが中傷記事はもう止めませんか?それについてのコメントも。

その場でプレーをしていた選手たちが一番わかっていると思うんですよ、負けた要因を。私たちが想像している以上に試合中はいろいろあったのではないでしょうか。

確かに選手のミスもあったかもしれない。でも、特にベルギー戦は試合開始直後からベルギーの方がコーナーキックやシュートの回数も多かったしヒヤッとする場面も結構ありました。後半もその流れはあったんですが、日本が数少ないチャンスをきっちりものにできたのが2点のシュートだったのではないかと(にわかがエラソーにすみませんっ!)。

一人の選手をあーだこーだと責めるのは・・・う~ん、ちょっといじめにも似た感じがしますよね。お疲れさま!という声でいいのではないかと。これがチームプレーでもあるサッカーの面白いところですし。世界ランキング3位のベルギーを本気にさせた日本は確実に4年前とは違う(4年前のワールドカップを見ていない私がエラソーに言ってる)。

私の余韻は皆さんとはちょっと違うかもしれません。負けたー!悔しい!じゃなくて、

なぎママ
なぎママ
ワールドカップってすごーーーい!

おもしろい!!!

のほう。これからサッカーも観戦しよっかな!でも秋からはNFLが始まるからなぁ~。忙しくなるなぁ(笑)。

まとめ

とにかく!日本代表選手には心から「ありがとう」と言いたいです。本当に夢を見ましたし、スポーツってすごく良いものだと気づかせてもらえました。ワールドカップはこれで終わりじゃない。代表を引退する選手もいるけど、それも繰り返される歴史で未来につながる選手もいる。

私たちはまだまだ夢を見させてもらえそうですね(^_-)-☆。

 

あわせて読みたい
フェアプレイポイント
フェアプレーポイントとは何か?にわかの私が調べてみました。フェアプレーポイントで日本が決勝トーナメントに進出したことにより、世間では賛否を呼んでますね。そんな空気の中、フェアプレーポイントの意味...
あわせて読みたい
<サッカーワールドカップ2018>日本チームよ、感動をありがとう!夢、見ちゃいましたよねぇ。ワールドカップ日本代表 vs ベルギー代表戦。 原口、乾 と短時間に2発、しかもサイドネットにたたき込ん...

ポチっと押していただけると励みになります!


全般ランキング