Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

<サッカーワールドカップ2018>日本チームよ、感動をありがとう!

、見ちゃいましたよねぇ。ワールドカップ日本代表 vs ベルギー代表戦。

原口、乾 と短時間に2発、しかもサイドネットにたたき込んだときにはヨメとともにテレビの前で拍手していました。特に乾のゴールはワールドクラスのビューティフルなもの。あそこは名手クルトワといえどもさすがに・・・。その前の原口のゴールも良かったですが、夫婦そろっての言葉は

柴崎スゲー。よく見てる。

一瞬ブラジルの姿が見えちゃいました。

早い展開に不安がよぎる

ただあまりに早い時間の得点だったので、攻撃のギアを数段上げた(上げざるを得なくなった)ベルギーの猛攻が始まるのは明白なので、残り時間をしのぎ切れるか不安でした。

ベルギーの反撃

そんな流れの中、アザールのシュートがポスト直撃!あぶない雰囲気がプンプンします。先にベルギーが動きフェライニとシャドリを投入。うちのヨメは ” なんやあのアフロ、やたらデカイな ” などと宣うていました(;^_^A。確かに引きの画面で見てもデカイですね。

ヤベェヤベェと見てたらあららの失点!ゴール前のパワープレーは分が悪そうと思ってたところにあのふんわりヘディング。マジか。2点めもフェライニのヘディング。

あかんやん。予感通りの高さ負け。

チャンスとピンチを繰り返す日本とベルギー

その後は互いにチャンスとピンチを繰り返しながらも、ゲームはアディショナルタイムへ。延長戦から果てはPK戦なんかも頭をよぎるなか(前日の2試合は両方ともPK戦でしたし)、電光石火のカウンターから最後にシャドリのゴールで万事休す。

日本代表の旅は終わりました。

まとめ

最後のコーナーキックは、完全にクルトワへのサービスボールになっちゃいましたね。彼のパスから見事なカウンターが発動してしまいました。技術的、戦術的な議論はより詳しい方々が山ほどされると思うんで、にわかは身を引きます。

わが日本代表の旅は終わりましたが、祭りは続きます。まだまだ楽しみましょう。

メッシもCR7 もエジルも消えましたが、グリーズマンもネイマールもモドリッチもハメスもシャキリもまだ見られます。

祭りはまだまだこれからです。にわかはひたすら楽しみます。

▼関連記事はこちら。

サッカーワールドカップ
<ワールドカップ開幕>にわかファンだから純粋に楽しめるお話。スポーツ好きのなぎパパです。サッカーワールドカップ2018が開幕しました! 普段サッカーにはとんと疎いワタクシも、にわかファンある...
フェアプレイポイント
フェアプレーポイントとは何か?にわかの私が調べてみました。フェアプレーポイントで日本が決勝トーナメントに進出したことにより、世間では賛否を呼んでますね。そんな空気の中、フェアプレーポイントの意味...

 

ポチっと押していただけると励みになります!


全般ランキング