Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

敷金の返金額を減らさないために | 入居前にしておくべき対策。

敷金を守る

これまで何度か引っ越しの経験をしているなぎママです。独身のころ3回、東京に来て3回。どの物件も更新せずに引っ越しています。

自分でも「引っ越し魔」であることはわかりますし、親からも「引っ越し貧乏」といわれてます(笑)。でも、新しい環境を求めたくなってしまうんですよね。

戸建てを購入したいま引っ越しに終止符を打ったわけですが、すんなり終われないところが私らしいのか?家の瑕疵が直ったと思ったら、今度は「敷金が返金されない問題」に直面しています。

なぎママ
なぎママ
東京に来てからは不動産会社には不信感しかありません。

入居前に支払う敷金とは

敷金とは

地域や物件にもよりますが、入居前に必要なお金といえば

・賃貸仲介業者への手数料
・敷金、礼金
・家賃一か月分(前払い)
・火災地震保険

があります。このなかで退去時に戻ってくる(返金)可能性のある「敷金」についてお話しします。

敷金は、退去時に『部屋を入居前と同じ状態に戻す』ための費用でいわば「担保」のようなもの。退去まで部屋をきれいに使っていれば敷金はある程度戻ってきます。逆にたばこのにおい、ヤニ、壁やフローリングの床の傷(不自然なもの)については修復費用として敷金が使われます。

敷金の使い道

ハウスキーピング

この前まで住んでいたマンションを例にとると、

・床(畳/カーペット、クッションフロア/フローリング)
・壁、天井(クロス/タバコ等のヤニ、臭い)
・建具、柱(襖、障子/戸、フラッシュ戸/網戸/柱)
・設備その他(設備機器/鍵/クリーニング)

うちの場合、目に見えて汚れていたのはクッションフロアでした。冷蔵庫の下、ウォークインクローゼット内に置いていたキャリーケースや収納ケースの下など風通しの悪い床の部分だけ変色していました。

クローゼットや家具の下にマットを敷く

変色を防げていたら敷金の返金額は減らずに済んだかもしれない、と思うと気になるのは今回引っ越した戸建て。

完全フローリングなのでクッションフロアほどじゃないとしても劣化は防ぎたい。そこで購入したのがこちらの『キズ防止マット』。

キズ防止マット

冷蔵庫の下と洗濯機の下に置くために購入しましたが、洗濯機の下は点検口があったので結局敷けず、旦那のクローゼット(汚れ防止)に敷いてます。

家具搬入前に購入しましたが、すべての家具の下に敷けばよかったと後悔しています。ただ、クッションフロアのような変色は防げそうです。

返金額を減らさない

敷金の返金を減らさない

前回の部屋は『ペットOK』のマンションだったので、フローリングではなくクッションフロアでした。犬の爪の傷はつきにくいにしても家具の下の変色までは想定できませんでした。

事前に知っていれば退去時に戻ってくる敷金も減らずにすみます(クリーニングなど絶対に必要な費用もあるので全額戻ってくることはありません)。

退去するということは、次どこかへ引っ越すわけですから少しでも敷金が戻ってくれるとありがたいですよね。だから入居前からできる予防はしておきましょう。

まとめ

うちの場合、敷金の返金額は10万円を超えます。というのも入居前に家賃の一か月分、犬を飼い始めたタイミングでもう一か月分敷金が必要でした。

手続きがスムーズにすんでいれば、退去後ひと月以内に敷金は戻るはずでしたし契約書にも「原則ひと月以内に返金する」と書かれていました。なのに、2か月たっても不動産会社Tから連絡なし。

こちらから連絡すると慌てた対応をだったので「忘れていた」のか「あわよくば・・」だったのか・・。だいたいの入金日を教えてもらいましたがその日を過ぎても入金されず結局入金がまたひと月延びました。不動産会社T、いい加減です(-_-;)。

ちょっと話はそれましたが、入居時より退去時のほうがいろいろ大変です。部屋を借りるときに退去時にかかる費用など絶対に確認しておきましょう。

なぎママ
なぎママ
サイズはS~Lまであります。私はこちらを購入しましたが傷を防げるものなら何でも良いと思います。

▼ポチっと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!