映画

【雨の日に見たい映画10選】マニアックな映画もおすすめしたい!

映画

日曜日ですね。予定のない休日は家でゆっくり映画でもみたいところです。20代の頃、単館上映の映画にはまっていました。日曜の午前中、まだお客さんの少ない時間を狙っては足しげく通ってました。少しずつ書きためていた映画レビューも、久々に読み返すとおもしろかったです。

紹介したい映画はいろいろありますが、今回は「雨の日に見たい映画」に絞って10作品ほどご紹介したいと思います。

【雨の日に見たい】おすすめ映画10選

オール・アバウト・マイ・マザー

事故で脳死した息子。最愛の息子の臓器を『生かす』ときめたときの母親の心境とは…。かわいい一人息子を事故で失った母親が、いろんな人との交流をとおして立ち直っていく様を描いています。

当時無名だったペネロペ・クルスも初々しい演技をしています。「小顔でかわいい女優さんだなぁ」と思いながら見ていたのでよく覚えています。

マリー・アントワネット(2006)

ソフィア・コッポラらしい映像美に感動します。キルステン・ダンストの『キレイな中にも少し冷たさの混じった表情』がピッタリと役にはまっています。どんな豪華なドレスも引けをとらない存在感、彼女でしか演じることができなかったのではないでしょうか。

ヘイフラワーとキルトシュー(2002)

キルトシュー(妹)が最初に登場。そのファッションは、北欧好きにはたまらないと思います。色あいもキレイ、雑貨もかわいい、今すぐにでも北欧に行きたくなる要素が満載です。ストーリーもほのぼのとして癒やされます。

食堂かたつむり(2010)

映画の内容を一言で表すとしたら『親子愛』でしょうか。「ふんわり」とした空気感をまとった主人公は「柴咲コウのイメージじゃない」と思いながら見ていました。でも序盤から、しっかりと自分のものにしていました。

他には豚のエルメス(名前)や、日本のメリルストリープだと(私が)思っている余貴美子さんの演技で、映画がぐっと味わい深いものになっています。

少年メリケンサック(2008)

素直に面白かったです。何度も笑いました。ストーリーは、重いか軽いかと言えば軽いですが俳優さんたちが渋いのでそのバランスがすごくとれている映画です。宮崎あおいさんの演技はクドカンワールにどっぷりはまっていました。

ジェイン・オースティンの読書会(2007)

私も本が好きなのでタイトルにひかれて見ました。本を軸に気持ちが変化していく描写がとてもキレイでした。誰もが穏やかになれるストーリーです。

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007)

ノラジョーンズの曲にウォンカーウァイの世界観。どこにでもありそうな恋愛だからこそ、妙にリアリティがありました。ジュードロウが本当にカッコよくて、最後のキスシーンは見ているこちらがリアルにドキドキしました。「恋愛がしたくなる」映画です。

恋愛から遠ざかっている方に、ぜひおすすめです。

​ククーシュカ ラップランドの妖精(2002)

主人公の3人は言葉が互いに通じないんですがなぜか会話をしている、という不思議な映画です。女性は素朴そうに見えて、セリフ一つ一つがなぜかセクシーだったりします。徐々に心が通じ合っていく様にどんどんのめりこんでいきました。人はやはり心で通じていくものなんだなぁ、と考えさせられます。
劇的な展開はないけどそれなりに温かな気持ちになりますよ。

クワイエットルームにようこそ(2007)

タイトルだけではどんな映画なのかわかりづらいですが、何も考えずに見てください。最初は笑いだけの映画かと思っていましたが、その笑いが後半のシリアスな部分につながってきます。

ユージュアル・サスペクツ(1995)

贅沢なほど一流俳優がそろっていてストーリーの展開も斬新で…。これほどのサスペンスはいまだにないと思います。とにかく、最後!最後の最後までじっくり見ないと、全貌が見えなくなってしまうかもしれません。ラストの伏線回収は何度見ても鳥肌ものです。

まとめ

自分の書いた過去の映画レビューの数をかぞえたら113個ありました。「われながら映画が好きだったんだな」と思います。懐かしいものばかりですが、今だから心打たれるものもあるかもしれませんよ?機会がありましたらぜひ!

▼ポチッと押していただけると励みになります!


エンターテインメントランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村