Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
映画

<ネタバレあり>映画ダンケルクを見て。

ダンケルク

ンケルクかエイリアンかで迷った久々の映画。エイリアンを見るなら4Dで見たかったけど、時間があわずダンケルクを見に出かけました。映画に関する前知識がまったくなかった私は映画タイトルのイメージだけ携え新宿のTOHOへ。

※以下は映画ダンケルクの内容に触れています。ネタバレになるのでこれから映画をご覧になる方はここでストップ!

ダンケルク

ダンケルク港に追い詰められた、英国軍兵士40万人の救出劇。第二次世界大戦時の実話を元につくられた映画です。

フランスのダンケルク港で、ドイツ軍に追い詰められた英国軍兵士たち。英国に撤退すべく、ダンケルク港の防波堤で味方の船を待っていた兵士たちでしたが幾度となくドイツ軍に攻撃されます。

そんな状況下で、40万人もの兵士の命をどのように救出したのかを「陸」「海」「空」軍、それぞれの目線で描いています。

時間軸

「陸」「海」「空」軍には、それぞれの『時間軸』があり、映画の冒頭でその時間軸が表示されます。

1.陸 1週間

2.海 1日

3.空 1時間

最初は、どういう意味があるのか「???」の状態でしたが、

救出までのカウントダウン(時間軸)

であることに気がつきました。

見どころ

「陸」軍のストーリーに出てくる、「昼」と「夜」の風景。

「陸」のストーリーの中だけ昼間(空が明るい)だったり夜(暗闇)だったり、という場面がありましたが、「海」「空」のストーリーはずっと昼間のような明るさが続いていました。

そこでピンときたわけです。旦那は最後まで気付かなかったみたいなので、私の勝ち(なんの勝負や)

3つの場所

時間軸を頭に起きながら、映画を見ていくと見どころに気づきます。

「陸」「海」「空」の3つの場面(ストーリー)が1つに交わるときが大きな見どころ(クライマックス)

ではないかと。

主人公フィオン・ホワイトヘッドの目線で、物語が進みます。映画というよりドキュメンタリーにみえました(-_-;)。

ここでの「生きる」執着は、決して恥ずかしいことではない。そのことが映画のクライマックスで語られます。

IMAXで見たんですが、銃声音に2,3度ドキッとさせられました。いやぁ、心臓に悪い(笑)。

民間の小さな船が、ダンケルクにとどまっている兵士の救出に向けて出国するところからストーリーが始まります。

長男を戦争で亡くした父と弟、その親子とともにダンケルクに向かう青年。その一家のストーリー。

小さな船ではありましたが最終的に何人もの兵士を救います。一人の青年が犠牲にはなりますが・・・。

戦闘機3機のお話。

1機は早々に攻撃されてしまうんですが、2機はドイツ軍の攻撃に果敢に立ち向かいます。

映画の中でストーリー性を感じるのは「海」「空」ですが、とくに「空」はストーリーの重要な部分を占めています。最後はモヤっとしたまま終わります・・・。

まとめ

映画を見て感じたのは、

いまある「平和」感謝しなければならないということ。

当たり前に「今」が存在しているわけではないこと。

「空」のストーリーの冒頭で「故国に戻る燃料は残しておけ」と隊長から部下の兵士に伝えるシーンがありましたが、そこが日本のゼロ戦とは違うなぁ・・・となんとなく切ない気持ちになりました。

映画が終わってみるとジワジワといろんな感情や考え方が出てきましたが、見ている最中はストーリーに引き込まれ心をガッツリわしづかみにされているのでいろいろと考える余裕がありませんでした。

ダンケルク、すごい映画でした・・・。

 ▼オフィシャルサイトより