Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

ポツンと一軒家 | 余命半年と宣告された男性に起きた奇跡。

ポツンと一軒家

日、たまたまこちらの番組をみていたなぎママです。

所&林修のポツンと一軒家|朝日放送

地図上で山奥の一軒家を見つけ、その場所へ取材に訪れる番組なのですが、奇跡のようなお話を聞くことができました。

桜を植えた理由

余命半年

長野県の山奥に住んでいる一人の高齢男性。少し足がおぼつかない感じに見えますが、杖をつきながら歩くことはできるようです。

男性の家に偶然訪れたテレビスタッフに、自分で植樹した桜を見せたいと申し出る男性。広大な土地に植えられた何千本もの桜を一人で植樹したそうです。

人生を託した桜の木

桜の木

こんなに多くの桜の木をなぜ植え始めたのか、その理由を男性が語り始めましたが、聞けば聞くほどその内容はとても衝撃的なものでした。

残された命をどう生きていくのか

バックパッカー

ある時、医師から「余命半年」と宣告された男性。「残された人生をどう生きていくのか。」考えました。

そのとき頭に浮かんだのは、昔みたきれいな桜の風景。「どうせ死ぬならきれいな桜をみてから」と思ったそうです。

そこから広大な敷地にたった一人で始めた桜の植樹。最初は数本だった桜の木も月日を重ねるごとに増えていきました。

「ひとりで植樹をしている」とうわさを聞いた仲間たち。一人、二人と植樹を手伝う人が増え、気づけば植樹を始めてから、20年が過ぎていたそうです。

命の花を咲かせた桜

奇跡のような話を聞いたスタッフ、最後に「どのような20年」だったか男性にたずねたところ男性は笑顔で

楽しい20年だった。

とハッキリおっしゃったのが印象的でした。

今ではその桜を見にたくさんの方が訪れるようになったとか。桜のおかげで仲間も増えたそうです。余命半年と宣告され、一人でスタートした植樹が「縁」を紡ぎ、男性の命も再び芽吹かせたのです。

そして、もう一つの奇蹟。抱えていた病は20年のあいだに完治!!これを奇跡と呼ばずなんという?

まとめ

人生

命を延ばしそして病までも完治させた「チカラ」って何なんでしょう?私個人としては目に見えない『気』だと思うのですが。病は気からとも言いますし。

「桜をみたい」強い気持ちと、そこに向かう姿勢。「桜を見るまでは絶対に生きてやる」という希望のような。医学では解明できない、何かしらの力が働いたのではないかと思います。

10回以上の手術もされているそうなので、西洋医学の力も大きいでしょうけど・・医学の力だけとは思えないエピソードでした。

▼ポチっと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!