MENU
犬のこと

【動画あり】トイプードルとつぜんの体の震え。病気?原因はなに?

クッションの取り合い

先住犬なぎ(トイプードル)が29日の夕方から急に震えだし、一晩不安と戦っていたなぎママです。最寄りの動物病院が幸いにも30日開いていたので朝いちで受診。診断は「腰の炎症かも?」とのことでした。

腰か膝からくる震えかも、と漠然と考えていたので大きな病気でなく安心はしたものの再発の可能性もあるとのことでしばらくは安静にしておくようにとのお達しが出ました。

受診したときに痛み止めを打っていただいたので、午後からはいつものなぎの動きでした。あまりに突然だったのでてんやわんやの年末でしたがとりあえず今はホッとしています。

なぎママ
なぎママ
震えの動画を撮っていたので記録として残しておきます。

トイプードル突然の震え

腰の炎症かも?という診断。正直…納得です。思い当たるふしあります(;’∀’)。なぎはおそらく犬界のなかでも?!運動神経が良すぎる犬だと思っていました。というのも、ドッグランに行ったとき他のワンちゃんのママさんパパさんに「トイプードルってこんなに走るんだね」と言われたり…他にも…。

腰の炎症?!その原因とは

犬の震えの原因

(病院受診した日の午後には震えも止まり、保護犬ココと2ショット)

腰の炎症が震えの原因かも、と聞いて思い当たるふしが私にはありました。

  1. ボールキャッチは一回転半?!ひねり飛び
  2. 散歩中もジャンプ
  3. 興奮すると私や夫に飛び蹴り

とにかくよくジャンプするので、止めてはいたものの興奮すると…。とにかくお散歩、運動が大好きな子なので今後は気を付けないといけませんね。今回は飼い主の責任です。深く深く反省です。

治療費

動物病院での費用

なぎもココも保険に加入していないため、実費となります。今回のなぎの治療費は炎症止めの注射と4日分の薬(1日1回)を処方され約7,000円でした。保険に加入していないとなかなかの出費です。これも犬と暮らす現実です。

ちなみに実家のワンコは脳炎治療中なので、毎月数万円の治療費がかかっています。保険に加入していましたが、あまりに治療費がかかるため保険会社から更新できない旨の連絡が…。その経緯もあり、なぎとココは保険に加入するのをやめました。

症状の記録

犬の震えの原因

29日夕方から翌30日正午過ぎまでの震えでしたが、29日はだんだんなぎの行動範囲が狭くなりました。トイレに行きたいけどトイレ前で止まりUターン。食後にウンチも出ないなんてほぼなかったのでますます不安に。

食欲だけはありましたが、29日夕食はゆっくりと。夜は1階のリビングで私と一緒に寝ましたが、いつもピタッとくっついて寝るのに私に近づかず場所を替えては少し休んでまた動いて休んで、を繰り返していました。

30日朝は口元にお皿をもっていかないとフードも食べませんでした。おしっこもウンチもせず。そのことも先生には伝えています。病院の帰り道にやっとウンチがでました。量からして2回分。ここでやっとホッとしました~。

まとめ

とにかく大事には至らなくて良かったです。動物病院に行くかどうか正直悩みましたが、ネットや動画で同じ症状のワンちゃんを見つけて動物病院に行く決心がつきました。ネットで相談するよりはまず病院、ですね。今回改めて早めに受診することの大切さがわかりました。

ちょっとでもペットの行動に「ん?」と感じることがあれば、それは気のせいではありません。飼い主さんの勘はほぼ間違いないと思うので、すぐに病院へ行きましょう~。

▼ポチッと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


犬の病気・健康ランキング