Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
犬のこと

タイの高級ペットフードがスゴイことになってる!

タイ

東南アジアと言えば「微笑みの国タイ」を思い浮かべるなぎママです。社員旅行でプーケットに訪れたことがあり、その印象がいまだ残っております。そのタイでペットフード事情が大きく様変わりしていることみなさんご存じですか?

いまタイでは、空前の高級ペットフードブーム!その追い風もありペットフードの需要が休息に拡大しているとか!ワンコと暮らす私としては気になるニュースです。

タイのペットフード事情

なぜペットフードブームがタイにきているのか?まずはそこから。

タイの前国王プーミポンさんが大の犬好きだったそうで、保護した犬をペットとして飼い始めたとか。犬好きが興じて自ら犬の本まで執筆。著書「奇跡の名犬物語」が出版されると瞬く間に国民に広がりなんと65万部のベストセラーとして話題になりました。そんな背景があり、タイのペット業界は私たちが思っている以上に熱かったりします。

ペットブームの追い風に乗ったタイ・ユニオン・グループ

そのブームを見逃さないのが大手企業。なかでもツナ缶最大大手の「タイ・ユニオン・グループ」は、ペットフードの生産ラインを増強したとか!このタイミングは大切ですよね。なんでも一番ノリしたものが強いですから!食品業界のトップだけに動きが早い。

フィリップ証券の企業データから見るタイ・ユニオン・グループの売上

どのくらいの売上高なのか気になり調べていると、フィリップ証券の「タイ・ユニオン・グループ」企業データを発見。

ペットフード&高付加価値事業の売上高は同 8.0%増の 43.81 億 THB と引き続き堅調に推移した。そのうちペットケア関連商品の販売が同 12.5%増と牽引した。

バンコクで5月に開催されたペットエキスポの来場者も10万人を越えたそうです。ペットフード市場が過去10年で3倍以上も増えているところをみると、この結果もうなずけますし、愛犬家がこぞってイベントに参加するのもわかります。きちんと需要と供給が見合っているってことですよね。

タイのペットフード視野に入れる?入れない?

本当にすごいことになっていたタイのペットフード市場。日本ではまだまだ認知度は低いですが、知らないうちに原産国「タイ」のペットフードを愛用しているかも!?

うちのトイプードルなぎはまだ若い(1歳半)ので、当面は人間が食べることの出来る良品質な原材料でつくられたモグワン一本かな?今後、モグワンより良いペットフードが出てきて、そのフードの原産国がタイだったら購入も視野に入れると思います。

大切なのは、会社名や国ではなく品質ですから。品質が良くて愛犬が好めばフードの切り替えは全然アリ!だと私は思います。

 

モグワンの購入はこちら→グレインフリー・生肉使用!プレミアムドッグフード『モグワン』

 


ペット(犬)ランキング