シンプル

【目指せ!ミニマリスト】実践したい「シンプル節約術」とは?

ミニマムとか断捨離とか

こんにちは。ミニマムな暮らし実践中のなぎママです。いろんなミニマリストさんの動画を見させていただき、その中で私が取り入れた節約術をご紹介します。無駄なものを買わない、必要最低限のものしか持たない。シンプルに生きることで、余計なものを買わなくなる日はくるのでしょうか。

ミニマムにできること、できないこと

無印良品フローリングモップ

犬が3匹に増えてカーペット類を手放したわが家の掃除は、掃除機とモップがメインです。モップはドライとウェットシートを使い分けているわけですが、お値段がそこそこします。トイプードルとはいえ多くはないもののやはり毛は抜けます。

そこでシートを止めて洗えて繰り返し使えるフローリングモップを無印で購入しました。

毎日の家事増えるなら止めることを止める

取捨選択

マイクロファイバーを使用したモップなので埃をキャッチしたら逃しません。頼もしいです。でも、本当に毎日毎日洗って取り換えて…私にできるのだろうか、かえって家事の負担増えていない?自問自答しました。

ウエットシートだけを止めてみる

ミニマムか家事か

ドライシートとウェットシート、毎日使うのはドライシートです。それをマイクロファイバーに完全にシフトするのはちょっと難しいかも、と考えるようになりました。毎日使うのはコスパだけじゃなく使いやすさも重要です。

ウェットシートは毎日使うわけじゃない、ちょっとフローリングの汚れが気になるときに水拭きする替わりに使っていた程度。ウエットシートの代用にはできるとシフトチェンジしウエットシートだけ止めてドライシートは現状維持という選択になりました。

ミニマムと節約とは

時間の管理

いまはミニマムな暮らしが注目されています。私もミニマムな暮らしが大好きなのでよく関連動画も見たりしていますが、全部を全部自分に当てはめる必要はないな、と感じました。暮らしている環境も人の人数も生活リズムも必要な物もすべて違いますし、捨てたくないものを無理して捨てる必要もないなぁと。

選択肢が少ない方が時間を無駄にしない、確かにそうですが心の満足度も大切なので見極める必要があります。まぁ、一年使っていなければ今後も使うことはないという言葉はもっともだと思いますが…。

まとめ

私は自分のことを「潔く処分できる(断捨離できる)タイプだ」と思っていましたが、まさかウエットシートとドライシートでこれほど悩むとは考えもしませんでした。物に執着のないタイプではありますが、家事が増えるか減るかとなったときすべてが断捨離で片付くわけではないということを学びました。

ミニマムに暮らすことは大切ですが「無理のない範囲内で」やはりこれが一番ですね。

▼ポチッと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ