Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
播種性肉芽腫性髄膜脳炎(GME)

<犬の脳炎(4)>ミニチュアダックス闘病記と母の愛(2016.7.29~8.15)

母のメモ

炎を患ったミニチュアダックスフンドの世話をしていたのは、恥ずかしながら私ではなく母でした。私は仕事の都合で実家を離れており、ワンコの闘病を間近で見たわけではありませんが、母が毎日書いていた日記を読み返し、当時の生活を(今さらではありますが)みています。

闘病中のワンちゃんだけでなく、ペットと暮らしている人、いない人に関わらず、病と闘っているわが家のワンコと母の暮らしを多くの方に知っていただきたい気持ちが強くなり、今回全てをブログで公開することに決めました。

2016年

忘れもしない2016年7月、ワンコに突然おそった脳炎という病。今回は、発症から直後のワンコの様子です。

7月

病魔はある夜、おとずれました。

29日(金) 夜

ワンコが急に足がもつれたように歩きだした

30日(土)

いつもほど元気がない。尿なし。便あり(小さめ)。

31日(日)

尿なし。便あり(少々)。

8月

症状にさほど変化はありません。

1日(月)

尿なし。便なし。

2日(火)

動物病院に受診。尿を出してもらう。便なし。

11:00 帰宅後、尿を大量にする。
22:30 16:00頃に食べたおやつを嘔吐(少々)。黄色い液体も同時に吐く。

3日(水)

06:00 薬を服用。水を少し口にする
08:00 栄養ドリンクをスプーン(小)で2杯。
10:30 尿あり(大量)
12:00 胃薬を服用
20:00 薬を服用
22:00 脳圧を下げる薬を飲ませた直後に黄色の液体と胃薬を嘔吐
23:00 尿あり

4日(木) ステロイド注射投与

ほぼ睡眠せず、家のなかをウロウロする

03:45 黄色の液体を嘔吐
05:30 白い液体を嘔吐。尿あり
06:00 注射器で缶詰のフードを20g食べる
07:45 食べたフードを嘔吐
08:00 脳圧を下げる薬を服用
10:20 尿あり
11:00 注射器で缶詰のフードを10g食べる
13:30 嘔吐(食べた以上の量)
15:30 脳圧を下げる薬を服用
22:20 胃薬を服用

体調がおもわしくないため急遽病院へ。ステロイド注射を打つ。

5日(金)

02:45 尿あり
04:30 尿あり
07:00 缶詰のフードとジュースを少し飲む

フラフラしながら歩く。

08:45 尿あり
09:00 胃薬を服用
11:00 尿あり

娘、帰宅。娘の膝に飛び乗り驚く。

13:50 脳圧を下げる薬を服用
14:00 病院の缶詰を少々
16:00 2mほど歩く
20:00 缶詰のフード40g食べる(これだけの量を食べるのは一週間ぶり)
22:10 脳圧を下げる薬を服用。

病院から帰宅した後、今までの食欲不振が嘘のように今まで食べていたフードを食べた。水も自分からすごい勢いでたっぷり飲む。病気前の状態に戻りつつあり良かった。

6日(土) MRI検査を実施

07:00 自ら水を飲みに歩く。

MRI検査で脳炎(播種性肉芽腫性髄膜脳炎)と診断される。

7日(日)

06:00 缶詰のフードを食べる
12:00 缶詰のフードとドライフードを食べる
17:00 胃薬を服用
19:00 缶詰のフードと薬を服用
24:00 便あり(少々)

8日(月)

娘が東京へ戻る。

05:30 胃薬を服用
07:30 缶詰のフードとドライフードを少々。薬を服用。
12:00 缶詰のフードを食べる
14:00 おやつを少し食べる
16:30 胃薬を服用
18:30 缶詰のフードとドライフードを少々。薬を服用。

9日(火)

05:00 胃薬を服用
05:30 便あり(大量)。そこら中に排泄する
06:00 缶詰のフードとドライフードを少々。薬を服用
12:00 缶詰のフード、ドライフード、おやつを食べる
13:00 病気後初めて声を出して吠えた
14:00 おやつを食べる
16:00 胃薬を服用
18:00 缶詰のフードを食べる。薬を服用
20:00 ドライフードを少し、おやつを食べる

食事をとるようになってから水分の摂取量が多くなった。そのため尿の量もいつもより多め。私もフラフラ。

10日(水)

05:00 胃薬を服用
06:30 缶詰のフードを食べる。薬を服用。
08:30 ドライフードを少々
12:00 缶詰のフードを食べる
16:00 胃薬を服用
19:00 缶詰のフードを食べる
20:30 免疫抑制剤(シクロスポリン)服用(食間)
23:30 便あり。

処方
胃薬(液体)→食前、1時間後食事とステロイド剤+強肝剤)
胃薬(錠剤)→食後、食間に免疫抑制剤(シクロスポリン)

11日(木)

05:45 胃薬を服用
06:10 缶詰のフードを食べる。胃薬を服用
08:00 免疫抑制剤(シクロスポリン)服用。おやつ
12:30 電解質サポートの液体を飲んだが、その後嘔吐
15:50 胃薬を服用
17:00 缶詰のフードを食べる。薬を服用
19:00 ドライフードを食べる
24:00 便あり。

12日(金)

発病以来、今までで一番しっかり歩いていた。

05:30 胃薬を服用
06:00 缶詰のフード、ドライフードを食べる。薬を服用
06:10 胃薬を服用
12:00 便あり。おやつを食べる
16:00 胃薬を服用
17:00 缶詰のフードを食べる。薬を服用
18:00 ドライフードを食べる。胃薬を服用
19:30 便あり。

夜中も便あり

13日(土)

05:15 胃薬を服用
05:30 缶詰のフードを、ドライフードを食べる。薬を服用
05:50 胃薬を服用
12:00 缶詰のフードを食べる
15:00 おやつを少々
15:10 胃薬を服用
16:00 缶詰のフードを食べる。胃薬を服用
18:30 便あり。

14日(日)

フィラリア予防の日。

05:30 胃薬を服用
06:00 缶詰のフードを食べる。薬を服用
06:30 胃薬を服用
11:40 缶詰のフード、ドライフードを食べる。便あり
13:30 おやつを食べる
14:30 胃薬を服用
17:00 缶詰のフードを食べる。薬を服用
18:00 胃薬を服用

15日(月)

05:00 缶詰のフードを食べる。胃薬を服用
07:00 ドライフードを食べる。免疫抑制剤(シクロスポリン)服用
12:00 おやつを食べる
13:00 缶詰のフードを食べる
16:00 胃薬を服用
16:20 缶詰のフードを食べる。薬を服用
17:10 胃薬を服用
20:50 水と缶詰のフードを嘔吐。水の飲みすぎか?

まとめ

母からは常にメールで病状の報告はありましたが、疲れは見えるもののまだいつもの母であり、ワンコのために気丈に頑張ってくれていました。何も出来ない自分がはがゆく、ネットでGMEの情報を集めるだけの私。

なぎママ
なぎママ
この頃はワンコのことばかりが気になり、母の心配は二の次となってしまっていました。

 

続く・・・。

 

大切なペットの保険選びは、【保険スクエアbang!/ペット保険】一括での資料請求はこちら(無料)