Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
漫画

マンガ「死役所」は実写化すれば絶対におもしろい!

実写化
なぎママ
なぎママ
最近マンガを実写化した映画、ドラマが増えましたよね~。

普段あまりマンガを読まないので、いつもニュートラルな状態で実写化の作品を楽しめるなぎママです。

テレビCMやバラエティー番組に「番宣」で出ている俳優さんをみると「おっ!この映画はおもしろそう!」「このドラマは要チェックだな」と思うのですが、どれも原作がアニメだったします。

それなら今私がドはまりしているマンガも実写化してほしい!

実写化してほしいマンガNo.1│死役所/あずみきし

死役所

いまいちばん実写化を望むマンガがこの「死役所」。

世間でも悲しいニュースが多いですが、こちらのマンガの題材がまさしく世の中を反映しているようなものばかり。

「所詮マンガだから。」と思えないストーリーにグッと引き込まれます。

あらすじ

あらすじ

この世を去った人たちが最初に訪れる場所、それが死役所。

「自殺」「事故死」「虐待死」「死刑」「事件」など、あの世にきた理由によって行き先(天国なのか地獄なのか)がきまるため、死役所での手続きが必要です。

死役所で働く職員は個性的なひとばかり。もちろん職員もこの世にはもういない人なのですが、役所で働くには「ある条件」が必要です。その条件とは「死刑」を受けた受刑者。

職員たちの生前の出来事もストーリーのなかで明らかになります。

なぎママ
なぎママ
絵のタッチが独特なので好みはわかれるかもしれませんが、物語の展開は想像以上です。

登場人物

ストーリーが進むにつれ登場人物が増えていくので、主な人物だけ紹介します。

シ村(総合案内)

あの世にきた人に対しての第一声が「お客様は仏様ですから」。

作り笑顔を絶やさない職員ですが、作り笑顔にも訳があり、一番忙しい部署と呼ばれる「総合案内」で自らの意思で働き続けるシ村にも何か目的が・・・。

シ村の生前も少しずつ明らかになりますが、隠されていることがまだまだ多そう。

おそらくシ村の生前での出来事が「死役所」のキーとなっているのではないかと思います(あくまで想像です)。

イシ間(他殺課)

強面の印象が強いイシ間だが誰に対しても愛情深く、一緒に働く若い人たちから慕われます。

生前は子どもに恵まれなかったため、姪をわが子のようにかわいがっていましたがその姪を近所の少年二人が襲います。その少年を殺めたイシ間。

そんな経緯もあり、虐待死などであの世に来た子どもには情が深く芽生えてしまう傾向に。

もともと別の課にいたイシ間ですが元の課で勤務することがツラすぎるため、自ら他殺科に異動しました。

ニシ川(自殺課)

主要人物の中で唯一の女性。ハキハキしており、仕事もテキパキこなします。生前は3人の不倫相手を殺めるという連続殺人者。シ村同様あまり生前の話をしません。

ハヤシ(生活事故死課)

サラサラヘア、長身でイケメン。芸能ゴシップ好きで仕事をさぼってはこっそり週刊誌を読んでいます。

自身の出生の秘密に闇を抱えていましたが、妻の不倫相手の子どもを育てていることを知ったハヤシは「闇」が爆発。妻子を殺めてしまいます。

ざっと紹介しただけでも、重そうなストーリーですよね(;’∀’)。

演じてもらいたい俳優さんはだれ?

キャスティング

あまりに魅力ある作品「死役所」。もし、実写化されるとしたら?

シ村

終始ニコニコと作り笑いをするシ村。時折みせるするどい目線、冷淡な表情。シ村のキャスティングは間違いなくこの方、高橋一生さん!

私は高橋一生さんの笑顔が好きなんですが、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で演じた冷酷な役が忘れられず。

やさしさと恐怖をあわせもつ高橋一生さんにシ村ははまり役ではないかと。

他には滝藤賢一さん、綾野剛さん、菅田将暉さん。シ村の表情とセリフがはまりそうですよね。

死役所  → 死役所

(引用:めちゃコミック

イシ間

イシ間のセリフや話し方を想像して・・・石倉三郎さん。温かくて涙もろいイシ間からイメージしました。

ニシ川

マンガのニシ川は目が印象的ですが、ビジュアルではむしろ真逆のこの方門脇麦さんを推薦!

冷めた目で冷ややかに話したり、生前の逆上シーンも門脇麦さんの演技力ならすんなりこなしてくれそう。

ハヤシ

ハヤシはイケメンで気さくな人柄、結婚をしていたことを考えて田中圭さん。私の中ではイメージにピッタリでした。

まとめ

私の思いが強すぎるブログになりましたが、今だからこそドラマや映画化する価値は十分あると個人的に思います。

いろんな事件、事故、SNS・・・今社会の抱えている問題を「死役所」でより身近に感じ考えるきっかけになること間違いなし!です。

「死役所」の無料試し読みはこちらから。

 

▼ポチっと押していただけると励みになります。


エンターテインメントランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!