婚活

アラフォー婚活 | 40代で結婚した私の運命の人との出会い方。

婚活疲れ

10年以上にわたる長い婚活経験を経て、41歳目前に結婚したなぎママです。現在43歳。結婚歴3年目。

婚活をしていたときの自分を振り返り反省することがあるならば、反省は一つしかありません。

『もっと要領よく、婚活をすればよかった』です。

男性と出会う方法だったり、モチベーションの保ち方だったり、婚活疲れしたときのメンタルケアだったり。

結婚したいまだから気くことですが、要領よく婚活をしていたら結婚までに10年以上の月日を要したのかな?と考えることがあります。

今日はその「要領」の部分をブログに書きます。今まさに婚活中!の40代~50代(本当は年齢なんて関係ないと思っています)の方にぜひ読んでいただき、少しでもヒントになるようなブログになれば幸いです。

40代でもあきらめない!私の実践した婚活法

婚活法

私、他の人に負けないくらい長い期間婚活をしてきました。その期間ナント10年。婚活をスタートした年齢は20代後半でした。

「婚活」の2文字が世に出始めた頃にスタートしたので、どんな方法で結婚相手を探すのか、見つけるのか、何のヒントもないゼロからのスタートでした。試してみないとわからない状態。もう、手当たり次第です(笑)。

でも、いま思えばその

手当たり次第に婚活をする

こと自体間違っていました。これが婚活を長引かせた要因の一つです。

その婚活方法、本当にあなたに合っている?

40代からの婚活

私は今も昔も人見知りです。でも婚活では「人見知り」を封印し、無理をして大人数の婚活パーティーや友人に誘われた10人対10人の合コンに参加していました。

(人見知りだから大勢の人と話すことは苦手だけれど)
多少無理をしなければ、運命の人に会うことなんてできない。それに出会いの数が多ければ多いほど、早く運命の人に巡り合えると信じていたからです

出会いは人数で決まるものではないのに、異性と多く出会うことがメリットだと間違った認識をしていました。

でも、自分が無理をすることで生まれるのはただ一つ。それは、婚活疲れ

自分に合わない婚活方法はストレスを生む

婚活疲れの原因

自分に合わない婚活を続けることで生まれた婚活疲れ。最初は体調不良かと思いましたが、体ではなく心の疲れであることに気がつきました。

1.婚活の場を見つけることに嫌気がさす。

2.人と会うことが億劫になる。

3.他人に自分を否定され、傷つく。

私の考えた「心の疲れ」の原因で、すべてに共通していたのは「婚活」。「この疲れは婚活疲れだったんた」と気づくと、心のモヤモヤが少し晴れた気がしました。

自分に合った婚活法とは?

ハッピーを手に入れる

疲れを断ち切るため、一定期間婚活をセーブ。『会うのは友人のみ』『初対面の人と会わない』ルールを自分にもうけ、ひたすらストレスのない生活を送りました。

ノンストレスな生活を始めて数日後、とつぜん「婚活がしたい!」という意欲が再び沸いてきました(笑)。婚活をいったんリセットする方法、思いのほか効果てきめん。婚活チャージ完了です!(早い復活でした)

もう、自分を犠牲にする婚活はしない!人見知りでも抵抗のない婚活法探しが始まりました。

婚活サイトで活動再開

ネット婚活

30代後半から大勢で出会う婚活パーティーは避け、自分ひとりで身軽に動ける婚活サイトを婚活の場に決めました。婚活サイト以外の出会いはすべてシャットアウト。

そして、数ある婚活サイトから私が選んだのは『ブライダルネット』です。

ブライダルネットを選んだ5つのポイント

ブライダルネットを選んだ理由として、

・プロフィールの信頼性が高い。

・本人確認がしっかりしている。(「独身」「年収」「学歴」など証明書を提出することができる。)

・プロフィール写真は顔がはっきりわかる写真のみを掲載していること。

・対面する前に名前などの個人情報をふせたままメールのやりとりが可能。

・サポート体制がしっかりしている。

プロフィール写真を提出しブライダルネットに却下されたことは私もあります。少しでもよく見せたいと思い過去に撮った(といっても数年前のもの)写真を送りましたが画質がよくないと却下。なかなかしっかりしています・・。

それにブライダルネットは会員へのフォローがしっかりしており(お世話になったことがあります)、自分のプロフ写真の経験含め信頼できるサイトだった印象がいまだ強いです。

こんな人は選んだらダメ

旦那と知り合う前に出会った男性で、これはダメだろうという方もいたのでご紹介します(;’∀’)。参考までに・・・。

・やたら顔写真を要求してくる。
・「はじめまして」のメールが誰にでも使いまわせそうな文面(相手のプロフィールに一切ふれていない)

この2つに当てはまる人とは、会わないほうが無難です。本当に誠意のある男性は、絶対にこの2つはしません。

まとめ

婚活

私の考える結婚への近道は、

結婚への近道三カ条
  • 自分にあわない婚活はしない。
  • 婚活疲れの原因をさぐれば、自分に合う婚活法が見つかる。
  • 何歳であろうが結婚はできる(あきらめない、継続)。

どのような婚活であれ、結婚相手とは必ず縁がつながります。あなたがどれほど気に入った相手でも向こうにその気がなければあなたの運命の相手ではありませんので「フラれた」「またダメだった」と絶対に思わないでください!

きっと神さまが「彼はあなたの運命の人じゃない。他にいるよ。」と教えてくれているのだと思います(冗談ではなく私はそうやってツライ時期を乗り越えました!)。

あなたの運命の相手は必ずいます。と書かれたブログを読むたび独身の私は「あなたは結婚したからそういうことが言えるんでしょ?」と思っていましたがそうじゃなかった。

むしろ結婚したから「運命の人はどこかに必ずいる」んだと確信がもてたんです。

婚活をがんばれ!」とは言いません。疲れたら休んでもかまいません。でも結婚への近道は婚活を続けること、です。継続は力なりは本当です。

ブライダルネット

 

ポチッと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!