Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ぜひ主婦の方におすすめしたい!カラテカ入江さん「のしあがる力」。

のしあがる力

またまネットで見かけたカラテカ入江さんの著書『のしあがる力』に興味をもち、さっそくkindleで購入したなぎママです。

いやぁ・・・。入江さんってすごい人ですね。すごい人っていうかこれも人脈を広げたたまものというか、そこで得た経験値というか。入江さんご自身の経験をふまえた内容にとても共感がもてました。

どちらかというと私は入江さんと真逆にいるタイプなので、「入江さんのように私はできない」と気持ちの離れたところから読み始めましたが、冒頭でグッと引き込まれました。

だって、私でもできそうなんだもん!!

カラテカ入江さん

名 前:入江慎也(いりえ しんや)

誕生日:1977年4月8日

身 長:158cm

体 重:48kg

血液型:O型

出身地:東京小平市

相方 :矢部太郎

www.kouenirai.com

あらためて入江さんのプロフィールを調べてみたところ、こちらのサイトを見つけました。『講演依頼.com』・・・もはや芸人さんとは思えない(笑)。

相方の矢部太郎さんも『大家さんと僕』を出版され再ブレイク(1回目は『進め電波少年』)。コンビで多才ですね~。

のしあがる力を身につける第一歩

『没個性』

『第一印象』

が書かれている章はとても勉強になります。とくに、

普段の服装(スーツ)に一つ自分の個性をプラスする。そこプラスした個性は変えない(自分を印象付ける)

サロンを経営している私にとって響いた部分。たとえば、サロン用の制服を身につけるだけでなく、お客様の目に止まるワンポイントをプラスしてみようかなと思いました。

インパクト=個性

たったそれくらいのことが大きな変化を生むかもしれませんし、小さなことが「のしあがる」第一歩になればやったかいもあるってもんです!

明日からすぐに実践!

できるだけ明るく、笑顔で、大きな声で挨拶する

本の中で書かれている一文です。当たり前の内容ですよね、入江さんも「当たり前のこと」と書かれています。でも、この当たり前のことが私もふくめできないんですよね。

「挨拶は、大切なコミュニケーション」だと気づいてはいるのに、挨拶ができなかったとしても大したことではないと心のどこかで思っていたりしませんか?

以前、私の勤めていた会社でもこんなことがありました。

無表情で「おはようございます。」と挨拶する人が多かったのでそれを見るにみかねて上司がルールを決めました。

「担当者が笑顔で挨拶ができていない人を毎朝チェックをする。月1回の全体会議のときにそのことも担当者より報告をする。」

ISOを取得していたのでその一環でもあるんですが、良いアイデアだなと思いました。そうまでしないと笑顔がでない会社もどうかと思いますが。

コミュニケーション

そんなできごとを思い出し、最近の自分を振り返ってみました。

旦那の目を見て「おはよう!」と元気に言えた日ってここ最近ないような・・・。アカン!アカン!!このなれ合いは良くない!明日から元気に笑顔で挨拶をしよう!と心に決めました。

まとめ

たとえば入江さんが本で書かれている内容を、大企業の社長さんや超名人、政治家が発信したとしてもこれほど私の心に響いたかどうかわかりません。あっ、まったく響かないというわけではなく自分に置き換えることができないだろうな、と。

「どこかのお偉いさんのお話。この人物だからできたことであって凡人の私にはムリムリ~。」

こんな風に考えて、自分がお偉いさんと同じように行動することはないだろうと思う(考えてみることはあっても行動に移せない)。

でも入江さんの本に書かれていることは主婦の私でも明日から、いや今日からでも行動にうつせそうなものばかり。仕事に限らず友人、ママ友、ご近所づきあいでもそう。どんな立場の人にでも、

活かせる本

なのです。人間関係に悩んでいたり、疲れている方にとって本来の自分を取り戻せる、自分をあらためて客観視できる本ではないかと思います。

仕事を辞めたい、と考えている新社会人の方にもおすすめですよ~。