その他のカテゴリー

日本語ラップ先駆者いとうせいこうは多彩すぎる才能の持ち主だった。

いとうせいこう

テレビでラップ(音楽)の特集を目にすることが増えました。私はラップやヒップホップを聞かないので『フリースタイルダンジョン』を知ったのもつい最近です。きっかけは『クレイジージャーニー』でした。その後アメトークで『ラップ大好き芸人』を見て少し興味をもちました。

アメトークの中では私の好きないとうせいこうさんの名前が出ましたが、いとうせいこうさんっててっきり物書きの人だと思っていたので、『日本語ラップの先駆者』と聞いてめちゃくちゃ驚きました!!

私はいとうせいこうさんのほんの一面しか見ていなかったことに衝撃を受け、いまさらですが、いとうせいこうさんのことをもっと知りたくなりました。

いとうせいこうの多彩すぎる才能

いとうせいこうプロフィール

私は作家としてのいとうせいこうさんしか知らないんですが、wikiで見てみると、音楽や芝居、雑誌の編集長としても活躍されていました。そんないとうせいこうさんの活躍をもう少しひも解いてみたいと思います。まずは、彼のプロフィールから。

プロフィール

  • 本名:伊藤 正幸(いとう せいこう)
  • 生年月日:昭和36年3月19日
  • 年齢:58歳(令和元年10月現在)
  • 出身地:東京都葛飾区
  • 身長:169cm
  • 体重:63kg
  • 活動内容:作家、クリエーター、ラッパー、タレント、俳優
  • 公式サイト:WATCH SEIKO
  • ブログ:readymade
  • Twitter:@seikoito

日本語ラップの生みの親は映画の監修もしていた

日本語ラップの先駆者

日本語ラップの生みの親として有名ないとうせいこうさんですが、ラップ映画の監修もされています。その映画のタイトルは『ガリーボーイ』。

『ガリーボーイ』は厳しい格差社会の中で生き抜くインドのスラム街で育った青年が夢だったラッパーになるまでのサクセスストーリー(実話)を描いた映画です。

映画の中で流れるラップ部分の字幕ですが、さすがいとうせいこうさんだけあり評価も高かったとか。

観葉植物をこよなく愛する男

ベランダー

私がいとうせいこうさんの存在を知ったのは、本屋さんで何気なく手にした一冊の本でした。その本が『ボタニカル・ライフ』(いとうせいこう著)です。当時(というか今もですが)観葉植物を育てることにハマっていたので、書店に置かれている雑誌を片っ端から読んでいました。

観葉植物の写真を見たかったので小説は正直興味がありませんでしたが、本の冒頭を立ち読みした瞬間どうしても『ボタニカル・ライフ』が欲しくなり迷わずレジに進んだのを覚えています。

おすすめしたいいとうせいこうの本

いとうせいこう著

私のハマった『ボタニカル・ライフ』がこちらです。何度も読み返すほど大好きになった本。仕事の時もプライベートで出かけるときもバッグには常にこの本が入っていました。偶然街でいとうせいこうさんを見かけたら「絶対サインをもらおう」とまで考えてました(笑)。

持ち歩きすぎて本がボロボロになり買いなおしましたが、同じ本を買うという行動は後にも先にもこの一冊だけです。

いとうせいこう他の活動

いとうせいこうその他

いとうせいこうさんは世界のある場所に取材に行ったり、またアイデアマンとしても活躍されています。

国境なき医師団

親しい人たちに報告することもなく、フラッと10日ほど行方不明になるいとうせいこうさん。どこに行っているのか友人たちも不思議に思っていたそうですが、彼はなんと『国境なき医師団』に同行していました。

『国境なき医師団』とは、世界中から集まった医師たちが紛争地域や災害地区、貧困の地区に行き医療活動をする団体のことで活動費用のほとんどは寄付によってまかなわれています。人員、寝泊まりする場所もギリギリの数なので、医師免許を持たない人間が同行(取材)することはまずない(させてもらえない)そうです。

いとうせいこうさんの書かれた記事は医師団が現地で何をしているかではなく、そこで活躍している医師たち個人(なぜ医師団の一員として現場にやってきたのか、その理由など)を対象にしているため記事完成後は医師たちも翻訳機能を駆使して読んでくれていたそうです。

その記事がYahoo!ニュースで連載となり、このたび一冊の本にまとまりました。いとうせいこうさんも「書きがいのあった一冊」と話されているだけに、近いうちに私も読んでみようと思います。

男日傘

いとうせいこうさん、日本語ラップだけでなく男性用日傘も生んでいました。彼が公式Twitterでつぶやいた「ドクロの日傘が欲しい」という一言がアイデア化され商品として誕生しました。その男日傘がこちら。

いとうせいこうさんのアイデア料は、『国境なき医師団』に支援(寄付)されるそうです。

まとめ

いとうせいこうさんを調べれば調べるほどどんどん深みにハマっていきそうです(笑)。いろんな顔を見せてくれる彼をこれからも応援したいし、次はどんな本を書かれるのか、どこまで活躍の場を広げるのか本当に楽しみです!

▼ポチっと押していただけると励みになります。


エンターテインメントランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!