Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

<海外の反応はいかに>イチロー選手のマリナーズ復帰!!

イチロー

NFLも好きですが、イチロー選手も応援しているなぎパパです!イチロー選手のマリナーズ復帰が決定!背番号も51に復帰。再びエリア51 を支配、とはいきませんがあの年齢でメジャーへの復帰はスゴいことですよね。

契約のハードル

ここ数年、MLBでのFA選手 ( 特にベテラン ) に対する再契約のハードルがとても高くなってるのは周知の事実。

選手の年俸がうなぎ登りに高騰している一方、いったん契約満了を迎えるFA選手への対応は非常にシビア。代理人の存在も大きいんでしょうが、大物はなかなか年俸ダウンを認めないし、保証金額と契約年数で球団と折り合いがつかず、浪人生活を余儀なくされる大物FA選手も多数いますね。

あれだけ実績と評価のあるダルビッシュでもなかなか決まらなかったですし。

球団運営の問題

昨シーズン、ワールドシリーズを制したアストロズなんかは見事な貧乏球団なわけで、数年前にはやったマネーボール以降、お手軽な値段の才能ある若手選手主体で球団の運営を行うという流れに全体的になっている気がします。

これは日本でも言われてることですが、高額年俸と複数年契約に見合う成績を選手がなかなか出せていない現実があります。

球団側としては、コスパを考えると大きなリスクを犯してまで大物と契約を結ぶのは資金のムダと考える傾向になりつつあるのでしょう。

年齢的にも、成績面で天を突いた感のあるベテランより今後の伸びしろを考慮して若手を優先したくなる気持ちもわかるけどね。

サラリーキャップ

MLBのサラリーキャップは、個人的にはかなりいい加減な印象で、キャップオーバーしても違反金 ( ぜいたく税 ) を払えばいいんでしょ?って開き直ってる球団がある事実。

でも、やっぱり金だけでは勝てないってことにやっと気づいてきたらしく、ムダな違反金 (ぜいたく税 ) を払うくらいなら、キャップスペース内でなんとかやりくりしようって流れに。

そんなわけで、金ばかり食ってここ一番の貢献がないベテランにはキビシイことになってますね。もちろん期待通りの結果を出す超一流のスーパースターには湯水のように金を払うけど、その他は…。

このままだと、選手のリーグ在籍年数は減り、平均年齢は低下し、選手は短い活躍期間に大金を稼ぐ、という流れにならないか心配。

そんななかで飛び込んできた、イチローのメジャー復帰のニュース。いろいろな偶然や思惑が絡んでの結果で単純ではないのでしょうが、金の匂いがしないニュースで、個人的にはなかなかウレシイものでした。

ポチっと押していただけると励みになります!


全般ランキング