その他のカテゴリー

<東日本大震災>3.11を風化させない。私たちが出来ることとは?

東日本大震災

日本大震災が起きてから丸7年が過ぎました。被災された方々にとって「何年過ぎたか」なんて意味がないとは思いますが、「風化させない」ためにも復興を支援する側(私たち)にとって「毎年〇年目、どのくらい復興が進んでいて、足りないものや問題点は何なのか」を見直すには意味のある数字だ考えます。

復興支援

震災が起こった直後、「自分に何ができるだろうか」と考えました。当時関西で仕事をしていたので、現地に駆けつけることもできませんでした。

義援金という方法を選択した私は、口座から一定額毎月引き落とせるように(自分に無理のない範囲内で)したり、被災者の方々の愛情こもったハンドメイドのぬいぐるみ「おのくん」の里親になったりしました。

おのくんはあまりにかわいすぎて今も大切にお部屋に飾っています。靴下でつくられた「おのくん」、ソックモンキーとも呼ばれますが愛らしくておすすめです。

被災地訪問

よく考えると、旦那も私も東北へ訪れたことがないので近いうちに訪れようと思います。本当なら一番にしないといけなかったことですが、昨日テレビを見ていたら「ここからが大変」と現地の方がおっしゃっていたので、今からでも遅くない!いざ東北へ!!と思っております(*’▽’)。

グッズ

そういえば、復興支援グッズもおのくんしか目に入らなかったなぁと気づき、あらためてネットで「復興支援 グッズ」の2ワードで検索してみたところ、いろいろかわいいグッズがありましたのでご紹介しますっ(^_-)-☆。

自分たちのできること、これからも探し続けたい、そして何かしらの形で行動したいですね。