Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
風水

幸せを引き寄せる | 引っ越し前に万年青(おもと)を置く理由。

万年青(おもと)を置く理由

引っ越しが近づくにつれ腰の重たくなるなぎママです。家の半分くらいはすでに段ボールに押し込んでいる片付けてはいるものの、視野にはいる細かな(ごちゃごちゃした)ものは出しっぱなしなので「引っ越す」感があまりありません。

それとはうってかわり、引っ越し先の家の準備は着々と進んでいます。「楽しそう」に映るかもしれませんが、足りないものだらけで金銭的な不安もあったりします(なんとかなるやろーとも思っている)が、不安を言っても仕方なし。やるしかありません。

そんな私の元に楽しみにしていたアレが届きました。「幸せを引き寄せる」といわれる「アレ」です( *´艸`)。

幸せを引き寄せる観葉植物

「アレ」とはこちら!

幸せを引き寄せる

万年青(おもと)です。万年青を知るきっかけとなったのは江原啓之さんの著書「自分の家をパワースポットに変える最強のルール46」でした。

もともと万年青の存在を知らなかった私。江原さんの

「長寿」「家運の長久」「繁栄」を意味する縁起物として昔から尊重されているものです。

言葉に納得。新しい観葉植物を玄関に置きたいなぁと考えていたところだったので、ちょうど良い!迷わずネットショップで万年青を購入しました!

万年青を置くタイミング

万年青は引っ越しする前に新居へ置くほうが良い(昔からの習わし)とのことだったので、さっそく引っ越し先の玄関に置いてきました(届いた万年青はとても立派で感動!)。

引っ越した後に万年青の存在に気付いた!という方、安心してください。引っ越し後でも万年青を置くこと自体、良いことのようです(^O^)。

万年青を玄関に置き、「いってきます」「ただいま」「見守ってくれてありがとう」と声をかけてあげる(感謝をする)ことが大切なのだと。

万年青にかぎらず、つねに「感謝」は忘れないようにしないといけませんね。

万年青の置き場所

江原さんは「玄関」に置くことを勧められていますが、鬼門である「北東」に置いてもOKみたいです。私は玄関と鬼門に置きたいくらい(笑)。ちなみに裏鬼門(南西)には南天を置くと良いそうです。

わが家は裏鬼門に玄関があるので、南天は必須だわ(笑)。

まとめ

風水を取り入れることの多いわが家。だからと言ってすべて「風水」に頼っているわけではありません。

万年青を目にすることで、「よし、頑張ろう」と思ったり「幸せになるぞ」と決意したり、そのために努力したり。気持ちを奮い立たせるきっかけとなるよう風水を取り入れています。

ポジティブ思考は長く続かなかったり、忘れたりするもの。そんなときにふと目にする風水アイテムによってポジティブな気持ちを思い出させてもらえたら万々歳。

そんな気持ちで風水を楽しむと、自然と家の中も明るくなるのではないでしょうか。ただし、家族が引いてしまうくらいやりすぎてしまってはダメですけどね(;’∀’)。

私はこちらのショップで万年青を購入しました。

参考にさせていただいた江原啓之さんの本はこちら。


風水ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村