その他のカテゴリー

夫の取扱説明書、妻の取扱説明書。

夫婦の取説

ットニュースで松居一代さんの離婚会見を観ました・・・。船越英一郎さんへかける言葉、をリポーター陣から問われた松居一代さんは

「大嫌いです!」

と一言。私には「大好きだった(もしくは今も)」としか聞こえないのですが(;’∀’)。「可愛さ余って憎さ百倍」というところでしょうか。

最近「夫婦関係」について考えることも増えてきましたが、このタイミングで松居一代さんの会見・・。という訳で今日は「夫婦」について少し考えてみようと思います。

優しさ

と言っても、どうしてもわが家の話になっちゃいます(笑)。

「あなたの旦那さんはどんな人ですか?」と聞かれたら私は即答で「優しい人です」と答えます。

独身の頃に「好きな男性のタイプは?」と聞かれたら「優しい人」とは答えなかったなぁ。なぜなら、好きな人には「優しい」が当たり前だと思っていましたから。

結婚後、この「優しさ」に何度救われたことか、と思っていました。最近までは。でも結婚生活を続けていくうちに「優しさと無関心は紙一重」だということを気づかされるようになります。

会話

付き合った当初こそ、旦那から私に対する質問などいろいろあったので自然な会話が出来ていましたが、今や食事中も「テレビ観ながら会話」状態。テレビがなければ一切会話もないのでは、と思えるほどです。

会話とは、「テレビの感想を言い合う」ことをさすのか?

外食しても、私が話ださない限り黙々とご飯を食べ続ける旦那をみて、夫婦ってこんなに会話がないものなかと思うようになりました。

付き合いたての優しさは何処へ~。

奥さんと子供から孤立する夫・パパ

以前、職場の上司がよくこんなことを話していました。

「休みの日に朝目が覚めたら奥さんと子供が出かけていて居ない。」

当時は独身だったので上司に同情すらしていましたが、結婚した今奥さんと子供の気持ちがすごくわかるようになりました。

昨日まで仲良く話していた妻、子供が急に「話さなくなった」状態にはならないはずです。おそらく、奥さんや子供はそれまで夫、パパにたくさんのこと話しかけていたと思います。

でも返事が生半可だったり、聞いていないことを感じ取ると「伝える」ことが空しくなり、「どうせ話しかけても上の空」という図式がその家庭に出来上がります。

早ければ数年、いや数ヶ月で

「休みの日に朝目が覚めたら奥さんと子供が出かけていて居ない。」

状態になるのではないでしょうか。もっともらしい悲劇のように聞こえますが、そもそも問題は「居ない」ことよりももっと根深いことに気が付いてますか?

優しさと無関心は紙一重

わが家の話に戻します。

「スーパーに連れていって。」

「〇〇に行きたい。」

と言えば必ず即答で「いいよ。」と言ってくれる旦那。

「え~、今日はちょっと気分じゃない。」

「行きたくない」

「一人で行けば?」

と言われたことがありません。

これは、旦那の優しさです。だと思いたい。

考えようによっては「言われたから、する」とも受け取れるんですよ、だって会話がないのだから。私の感じ方は無数にあるわけです。

会話をすることで、夫婦の共通点を見つけたり誤解を埋めたりできます。互いの考えや、知らない部分も減っていきます。

逆に、喧嘩の火種になるようなものも見つけていったりすることもありますが(笑)。でも、それらすべては、

二人のコミュニケーション、会話から成り立つからありえること。

しかし冒頭でも触れたとおり、旦那はあまり話しません。

そんな状態の日常が続く中で「旦那は私に無関心ではないのだろうか」疑問をもつようになりました。

いや、本人はもうとうそんな考えはないと思います。どうやら私の考える夫婦の在り方は旦那(男性)のそれとズレているらしい。

会話

会話のある夫婦は、何年経とうが、何十年夫婦生活をしようが仲が良いと思います。会話することで相手をどんどん理解していく、良い部分悪い部分含めて。だからうまく付き合えるようになるのだと。これって夫婦に限った話ではないですよね。

私たち夫婦は喧嘩もよくします。

「言い方なんとかならない?だいぶ我慢しているんだよ、こっちも!」

と怒る旦那。

これもある意味コミュニケーションなのか?

普段から会話もないし、あなたの沸点がわからない私はわざと嫌な(そうとう嫌な、絶対に怒らせる)言い方をして、旦那の反応をみます。

こんなコミュニケーションの取り方は、悲しくて涙が出ますが未熟夫婦の現状なのだから仕方ないのか。いや、夫婦の会話なのだと思いたくない。喧嘩は喧嘩だ。

私が夫婦に求めている会話、コミュニケーションは喧嘩から生まれるものじゃない。そこのところ分かってほしい。会話にも多少の努力は必要なのだと。

これは私の一個人の考え方で「それだけ優しい旦那さんなら十分じゃないか」と怒られるかもしれない、まだまだ私が未熟なのだと。

なので「夫の取扱説明書、妻の取扱説明書」があれば良いのにと、本気で思う今日この頃です。