Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

夫の取扱説明書、妻の取扱説明書。

夫婦の取説

ットニュースで松居一代さんの離婚会見をみました。船越英一郎さんへのメッセージで松居一代さんは「大嫌いです!」と一言。私には「大好きだった」としか聞こえないのです。

お二人のあいだに何があったのか他人にはわかりません。「かわいさ余って憎さ百倍」なのかもしれません。

松居一代さんの件は人ごととも思えず、私も『夫婦』について考えることが増えました。婚活をがんばりやっと手に入れた結婚生活。いま理想と現実のはざまにいます。

夫の取扱説明書

ウェディングドレス

わが家の話になります。だれかに「あなたの旦那さんはどんな人ですか?」と聞かれたら私は「優しい人です」と答えます。

独身の頃は好きな人に優しくすることは当然だと考えていたので「好きな男性のタイプは?」と聞かれたら「優しい人」と答えることはまずありませんでした。でも、結婚後旦那の「優しさ」に何度救われたかわかりません。

最近までは・・・。

気づいてしまったんです。結婚生活を続けていくうちに優しさと無関心は紙一重だということに。

夫よ、なぜ会話をしないんだ

購入前に

付き合いはじめたころは「会話とは?」なんて考えず会っているあいだ四六時中話ていました。他愛のない話でしたがそれが楽しかったし、ずっと一人だった私には誰かとわかりあうことが新鮮でした。

でも、今ではテレビ中心の会話です。テレビが夫婦の仲をとりもってくれているのだと思えるほど。会話とはテレビの感想を話すことなのか?

外食しても私が話ださないかぎり、黙々とご飯を食べ続ける旦那。夫婦ってこんなに会話がないものなかと思うようになりました。

妻の心の変化

黒カーデ

以前、職場の上司がよくこんなことを話していました。「休みの日に目が覚めたら奥さんと子どもが出かけていない。」

この話をきいたとき、私は独身だったのでその上司に同情すらしていましたが結婚した今奥さんと子供の気持ちがすごくわかるようになりました。

昨日まで仲良く話していた妻や子どもが急に話さなくなることなんてありません。夫、パパにたくさんのこと話しかけていたのに、生返事だったり聞いていないことを感じると「伝える」ことが空しくなります。

そんな生活が続けば早けくて数年、いや数ヶ月で「休みの日に目が覚めたら奥さんと子どもが出かけていない。」状態になるのではないでしょうか。

悲劇のように聞こえますが、そもそも問題は「いない」ことより根深い理由があることに気づいてますか?

夫婦関係は言葉のキャッチボールで育まれる

婚活サイト

わが家の話に戻します。

「スーパーに連れていって。」「〇〇に行きたい。」と言うといつも即答で「いいよ。」と答えてくれる優しい旦那。

考えようによっては「言われたからする」とも受けとれます。だって会話がないのだから。日頃の「会話なし夫婦」の延長線上、私の感じ方(捉え方)は無数にあります。

会話は夫婦の共通点を見つけたり誤解を埋めたりできるツール。互いの考えや知らない部分も減ります。すべては

二人のコミュニケーション、会話から成り立つからありえること。

しかし冒頭でも触れたとおり旦那はあまり話しません。そんな日が続くと「旦那は私に無関心ではないのだろうか」疑問をもつようになりました。いや、本人はもうとうそんなこと考えてはないと思います。

ただ・・・どうやら私の考える夫婦のありかたと旦那(男性)の考えるそれとは違うらしい。

会話をする夫婦はいつまでも仲が良い

夫婦

会話をする夫婦は何年たとうが、何十年夫婦生活をしようが仲が良い。会話することで相手をどんどん理解していく、良い部分悪い部分含めて。だからうまく付き合えるようになるのだと。

私たち夫婦は喧嘩もよくします。喧嘩もある意味コミュニケーションなのか?これが夫婦でありひとつのコミュニケーションだというならこんなコミュニケーションの取り方は、悲しくて涙がでます。

喧嘩を夫婦の会話なのだと思いたくない。喧嘩は喧嘩だ。私が夫婦に求めている会話、コミュニケーションは喧嘩から生まれるものじゃない。そこのところ分かってほしい。

会話にも多少の努力は必要なのだと。

まとめ

あくまで私の考える「夫婦のありかた」です。「それだけ優しい旦那さんなら十分じゃないか」と怒られるかもしれません。私が未熟なのだと。

なので「夫の取扱説明書、妻の取扱説明書」があればいいのにと、本気で思う今日この頃です。

2019.3.10追記 3月16日日テレ「世界一受けたい授業」に著書の黒川さんが出演されます。絶対に見なければ!

こ、こ、こんな興味深い本が!新書部門で1位らしい。旦那が読むべきか私が読むべきか、それが問題だ。

▼ポチっと押していただけると励みになります。


恋愛・結婚ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!