その他のカテゴリー

小林麻央さん。

小林麻央さん

れずにブログを書いてきましたが、やっぱり書き残したい気持ちが強くなりました。

小林麻央さん。

麻央さんの最近のイメージだと、もちろん市川海老蔵さんの奥さま、二人のかわいいお子さんのママさんですが、私が一番最初に麻央さんを見たのは「めざましテレビ」のお天気お姉さんなんでそのイメージがいまだに強いんです。

KOKORO.

思い出すのはそんな20代の麻央さんなのですが、アメブロでブログを始められてからは毎日読ませていただいていました。

スマホのプッシュ通知もONにして。

リアルタイムに。

亡くなられた今でも、心のどこかでプッシュ通知を待っている自分がいます。頭では理解しているのに無意識に。

皆さんも同じ気持ちだと思います。

縁もゆかりもない麻央さんなのに、なんでしょう。この喪失感。3日たった現在も、変わりません。

悲しい気持ちの行き場がなくて、麻央さんのブログを何度も読みかしています。生前は時系列に読み進めていましたが、昨日からさかのぼって読みすすめることにしました。

今は、まだ1月の記事を読んでいるところなんですが、さかのぼって読むことでどんどん麻央さんが回復されていくんです。

生きていく、というか。

不思議なんですが、そうすることでやっと麻央さんを受け入れつつあります。

現実味を帯びてきています。

あぁ、麻央さんが言っていたのは、きっとこのことなのかもしれない。

例えば、私が今死んだら、

人はどう思うでしょうか。

「まだ34歳の若さで、可哀想に」

「小さな子供を残して、可哀想に」

でしょうか??

私は、そんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが

私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、

愛する人に出会い、

2人の宝物を授かり、家族に愛され、

愛した、色どり豊かな人生だからです。

色どり豊かな人

そんな麻央さんが、どんどん頭のなかに出てきます。だから、私たちは悲しんだままではいけない。

そういう気持ちを気付かせてくれるのも、麻央さん自身なんですね。

ありがとう。

心よりご冥福をお祈りいたします。