Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

<環境問題>いま、私たちが取り組めるエコとは。

節電

と目につくところに、いろんな内容の張り紙やポスターが貼ってあるものです。いつもは読み流し(というより頭に入らない)ているんですが、今日見かけた貼り紙はじっくりと見てしまいました。

家電量販店のトイレに貼っていた内容です。

使用後に温水洗浄便座のフタを閉めると、”約15%省エネ”になります。

地球温暖化防止のために、ご協力をお願いします。

なるほど。

「トイレはキレイに使いましょう」というお願いでもなく、「いつもキレイにご利用いただきありがとうございます」というお礼でもない。まさかの

トイレでエコを考える、ことになろうとは。

やるね!

トイレのフタを閉じるだけで、1日あたり約15%(0.11kWh)の省エネになる!

「温水洗浄便座」とは、「温かいお湯でお尻を洗浄する機能がついた便座」のことをさしますが、フタを開けたままにするのと閉じた状態にするのとでは、消費電力が違うようです。

普段から、マメにトイレのフタを閉めるようにはしていましたが、それは省エネ対策ではなく「風水的に」という考えだったので(;^_^A、省エネ対策になっているとは思ってもみませんでした。

トイレの省エネ方法(東京電力エナジーパートナー)

できることといえば、温度調節。

やはり「高い」よりかは「低い」便座「熱め」のお湯より「ぬるめ」のお湯が良いそうです。

便座カバーを取りつけると、保温力もアップ

するそうです。

フタが開きっぱなしの公共トイレを見ること自体あまりないんですが、もしこれが100%達成できれば、大きな効果を生むであろうことは容易に想像ができます。

本当にさ細なことなんですが、省エネに取り組みやすい方法があればもっと全面的に出してほしいなぁ、と思います。

まとめ

エアコンを購入するために家電量販店に行きましたが、省エネ機能のついたものが多い!!

地球温暖化が問題になっている今なら当たり前についている機能なんですが、トイレの貼り紙をみて

なんでも機械任せではいかん

と思ったりもしました。みんなの地球ですから。個々の小さな力が、大きな未来を生む!頑張ろう!みんなで!