Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

<義母と娘のブルース~ストーリ>展開の速さにさらにのめり込む。

義母と娘のブルース

かかさず見ているドラマの一つ「義母と娘のブルース」。毎回、ドラマの後半で涙するなぎママです。いや~、綾瀬はるかさんは本当に演技が上手ですね。子役の子もかわいいし、竹野内豊さんはカッコ良いし、ストーリーは良いし。

昨日の感動が冷めやらないので、今日はドラマの感想を書こうかと思います(;’∀’)。

義母と娘のブルース

わけあって竹野内豊さんの父子家庭で同居することとなった元キャリアウーマンの綾瀬はるかさん。先週の最後にやっと二人の気持ちが通じ合ったのに、昨日のドラマの冒頭で父親の竹野内豊さんが病に負けてしまいこの世を去るという急展開。先週の終わりに「親子3人で記念写真を撮りましょう」ともちかけた竹野内豊さんだったのに。結局、義母(あきこ)と娘(みゆき)が残されることに。

娘の成長

ずっと自転車に乗れなかったみゆき。父が亡くなったあと、あきこの助けを借りて自転車に乗れるようになります。自転車に乗った小学生のみゆきから高校3年生のみゆきに変化。ここからドラマも9年後の設定へと変わります。

まったく読めないストーリー展開

9年後のストーリーから第2章が始まります。が、みゆきの子役を演じていた横溝菜帆ちゃんがかわいかったので、菜帆ちゃんを画面で見れなくなるのはちょっと寂しいです。

私としては、奇跡が起きて竹野内豊さんの病が治り、家族ハッピーエンドで終わるのかなぁなんて思っていましたが、その妄想も昨日でバッサリ。こうなると展開がまったく読めません。

それに、佐藤健さん演じる不思議キャラの麦田章。これまでも親子3人のいるところにちょこちょこ登場していましたが、第2章からガッツリ登場しそうなので麦田がどんな存在になっていくのかも楽しみです。

まとめ

まだこのドラマを見たことがない方でも全然間に合います!ドラマの冒頭でこれまでのストーリーも説明してくれるので、ぜひ第2章から楽しんでください!

おもしろさと、ほろっとくるストーリーが魅力の義母と娘のブルース。いい意味で想像を裏切られるのでハマりますよ(^-^)。