Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
お掃除方法・グッズ

花粉症からおとな喘息へ | 喘息を引き起こす原因はダニだった。

防ダニ枕
なぎママ
なぎママ
アレルギー体質の旦那をもつなぎママです。

旦那は花粉症の季節になると毎年鼻がぐしゅぐしゅとなり、マスクや市販の薬を手放せなくなります。

が、ここ数日は咳にも悩まされるように。ちょっとひどい症状だったので病院へ受診させたところ先生から「おとな喘息」というジャッジが下りました。

アレルギー体質改善のために食生活に気を配ったり、免疫力をアップさせるためにマッサージをしたりいろいろ試してはきましたが、私ひとつだけ間違った知識をもっていたことに気が付きました。

食物がアレルギーを引き起こす要因になっているかも?

アレルギー

私の間違っていた知識、それは食生活。

嫌いな食べ物があると「栄養素が豊富だから食べなさい!」なんてシーン、よく見ますよね。

うちでもありました。

好き嫌いの多い旦那に良かれと思い「あれ食べろ」「これは体に良いから食べろ」と伝えてきましたが、実はそれが間違っていたんです。

なぜ間違いに気づいたか、それはアレルゲン検査がきっかけでした。

アレルゲン検査の結果

旦那のアレルゲン検査の結果を見ると、

アレルゲン検査の結果

ダントツだったのは、スギ花粉。病院の先生からも「ダントツで数値が振り切っています」とうれしくないお言葉を頂戴しました。

スギ花粉の次はブタクサ。ブタクサは今の時期ですから「やっぱり」な結果でした。

この結果をもとに「すぎ」対策をネットで探してみたところ、こんな記事を発見!口腔アレルギーに関する記事だったのですが、

花粉症を引き起こす花粉の種類によって、口腔アレルギー症候群を引き起こす果物・野菜は異なります。

【スギ科】
スギ・ヒノキ
スギ:2~4月
ヒノキ:3~5月
日本全国に分布。スギ花粉とヒノキ花粉は構造が似ていてスギ花粉に反応する人の7割はヒノキ花粉にも反応するトマト

トマト嫌いの旦那に「健康に良いからトマトを食べろ」と口酸っぱく伝えていた私。現時点では口腔アレルギー症候群を起こしていませんが、無関係とも思えません。

だって体は全部繋がってひとつですから・・・。

血液をサラサラにするため、みじん切りにした玉ねぎを混ぜた「オリジナルドレッシング」をスライスしたトマトにかけてよく食べていました。

良かれと思ってしていたことが「もしかしたらダメだったのかも」しれない。

アレルギー対策その1 | 要因の排除

アレルギーの排除

からだに良いと思っていた食物が、アレルギーを引き起こす要因になる(こともある)。このことを知った私はもう一度食生活を見直すことにしました。

もしトマトがダメだとしたら、トマトの栄養素に匹敵するものは何なのか。代用できる食材はあるのか、それは何なのか。

調べるのは大変ですが、健康になるならそれも楽しい作業です。

アレルギー対策その2 | ハウスダストの排除

すぎやぶたくさ、ヒノキは外から入ってくるものなので空気清浄機の置き場を見直すとしてハウスダストは私の取り組み次第。

ちょうど良いタイミングで「おとな喘息」の特集をしていたTBS「健康カプセルゲンキの時間」。

喘息の特集をされていました。今の時期、ダニが原因で喘息になる人もいるとか。

ダニ

夜中に咳がよく出るので、まずは寝室から見直すことに。

シーツやまくらカバーは頻繁に洗っていましたが、カバーの中は?そう言えばあまり意識したことがありませんでした。

使っているマットレスはすでに防ダニタイプのものを愛用。まくらと掛け布団は防ダニ対策ができていません。

布団専用掃除機を時々かける程度。

防ダニまくら

まくらはそろそろ買い替えても良いかと思い、今回のアレルギー騒動を機に!?買い替え決定!

防ダニまくらに関するブログはこちら→徹底してダニを減らす! | 防ダニまくらでおとな喘息に負けない体に。

買い替えた枕は洗濯もできるし通気性も良し!まくらの高さが調整できるので「買って失敗した~」なんてこともなさそう。

私は随分前にまくらを処分(高さが合わなかった)していたので、どさくさに紛れて購入(笑)。

まとめ

というわけで、これからも家族のためにアレルギー対策を考えていきます。

喘息は治らない病気と言われていますが「はい、そうですか」で終わらせたくないしアレルギーのために行動範囲を制限されたり、行く場所を選ばなければいけなくなるなんてそんなの嫌ダー!

アレルギーはその人の体質によるし、免疫力を上げれば100%でなくとも今の症状より改善する可能性は大。だからあきらめませんよ~!

▼ポチっと押していただけると励みになります。


人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!