Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ファッション

<ボリビア>絶景ウユニ塩湖よりも目を奪われた2つのある物とは?

大鏡と呼ばれるウユニ塩湖。ボリビアにある大きな湖ですが、それ以上に目を奪われた「ある物」に興味津々ななぎママです。

最近ではドローンで撮影された風景をテレビでもよく目にするようになりましたが、そもそもボリビアってどこにあるの?

ボリビア

訪れたことのない国について記事にする私ってどうなのさ、と思いながら地図上でボリビアを探してみると・・南米にございましたー!なんとなくイメージどおり。

ボリビアの場所

正式名称は「ボリビア多民族国」。首都はラパス。なぜか注釈に「憲法上の首都はスクレ」と書かれています。まぁ、いろいろ事情があるのでしょう・・。

「多民族国」と付くだけあって、いろんな民族の方が定住していることがわかります。外務省のホームページを見ると、

先住民41%,非先住民59%

と表記されているし。それだけに政治的な摩擦も多かったりするのかな?

ボリビアの民族衣装

そんな多民族国のボリビアですが、私はウユニ塩湖の他に猛烈にひかれた「物」が2つあります。

まず1つ目が、こちら。

民族衣装

まじまじと見ちゃいます・・・。

え?


わからない?


わかりませんか???

では、その部分だけ拡大します。

山高帽

帽子、帽子なんです!!

きっかけは、先日放送されたTBS「世界ふしぎ発見!」でした。ウユニ塩湖の映像がメインでしたが、私は先住民の女性のかぶる帽子に目を奪われました。

帽子、ちっちゃっ!!!

帽子はかぶるものだと思って人生を歩んできましたが、先住民の女性たちは違いました。帽子が

頭に乗ってる!!!

か、か、かわいすぎるやんかー!!!

チョリータ

ボリビアの先住民女性のことを「チョリータ」と呼びます。チョリータさんの民族衣装の中に先ほどの「山高帽」が含まれています。女性の出身地により、帽子の形は少し変わるそうですが、とてもステキですよね。

カラフルなボリビアの布

ボリビアで目を奪われたもの2つ目は布です。名前は「マンタ」。

マンタ布とは

アンデス地方(主に高地)に昔から伝わる民族織物で、ポンチョにしたり、寒い時に肩からかけたり、ブランケットとして活用したり、とても万能な布だそうです。「アワヨ」「アワイヨ」布とも呼ばれているみたいですね( ..)φメモメモ。

日本にはないカラフルな色、でもとてもセンスが良くてステキです。インテリアとして持っていたいと思わせてくれます。

マンタ布

一枚あれば部屋がパッと明るい印象に変わりそう。引っ越したら一枚買おうかなぁ。

まとめ

ボリビアはウユニ塩湖で一気に有名な場所になりましたが、ボリビアの文化や民族衣装などを知ってもらうことはとても良いことですよね。

ウユニ塩湖ブームのなか、いまボリビアに向かう勇気はありません(人が多そう)が(;’∀’)、実際観光したらウユニ塩湖よりお土産探しに奮起しそうな自分が想像できて、少しこわい・・(笑)。

世界のことをまだまだ知らない、もっと知りたい、かわいい「物」や伝統的な「物」を見つけたい!そんな気持ちにさせてくれた2つの「物」を今回は紹介させていただきました。

世界は広い、広いな。

▼ポチっと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

error: Content is protected !!