その他のカテゴリー

<アラフィフ主婦の転職>その選択大丈夫?正社員になった結果。

アラフィフ主婦の転職

46歳で転職したなぎママです。慣れ親しんだ職場を離れ、以前勤めていた会社に復帰しました。まさかこの年齢で正社員になるとは自分でも驚きでしたが、転機ってわかんないもんですね。

なぎママ
なぎママ
今回は転職するに至ったきっかけや転職した今働いてみて感じていることをブログで書こうと思います。

46歳の転職

46歳の転職

もともとパートで一年ほど働いていました。たった一年でしたがオープニングスタッフということもありやりがいも感じていたんですが、フル勤務パートってどうなの?という疑問がふつふつと沸いてきたんです。

気軽に働くつもりが…

転職

元の職場は医療機関だったため患者さんの診察がすべて終わるまで働くことになります。いいのか悪いのか患者数の多い医療機関なので、労働時間が長く体力が必要でした。体力に自信のある私でも「さすがに倒れるかも」と感じたことも…。

そんな時、頭に浮かんだんですよね。ここまで頑張るならもう一度社員で働けるのでは?と。結婚を機にお気楽に働こう、と思っていたはずなのに仕事の面白さにまた気づいちゃったんですw。

パートと社員じゃお給料も待遇も違います。責任感はパート以上に生まれますが同じ時間働くなら社員のほうが得なんじゃないかと考えるようになりました。

復帰した職場は以前とまったく違っていた

職場の雰囲気

元上司に会いとんとん拍子に復帰話が進み2カ月で私の転職が決まりました。医療機関で正社員になる道もありましたが労働時間が…w。元上司の話だと定時に帰れるとのことだったのでそのことも転職のきかっけの一つとなりました。

元の職場に復帰し真っ先に感じたのは「知っている顔が少ない」ということ。そこに以前の面影はなく、年齢の若い方たちが元気に働く職場でした。

以前より活気があるのは良いことですが、女性特有の問題も発生しました。

隣の子が会社に来ない

デメリット

元上司から現状の人間関係を聞かされていた私は、入社前から「人間関係が面倒くさそうだな」と気づいていました。が、それは想定していた以上でした。入社して一年弱の私の隣の席の子は早々に会社に来なくなり辞めることに。

私とは2,3回程度しか顔を合わせていなかったので深い話もできなかったけど、今はその子の気持ちが少しわかります。

「あぁ、同調圧力に耐えられなかったんだな」と。女性が集まると本当に面倒くさい。これも現実です。

転職した感想

転職した結果

今となっては医療機関が懐かしく、辞めたのは間違いだったのかもと考えることもあります。ただ、辞めた職場は美化されるものなので辞めるときはそれなりに嫌なことがあったんだろうと。それを忘れないよう今は踏ん張っている最中です。

転職して正解かどうかは正直わかりません。でも、在宅ワークのできる今の職場は今後の私の人生に合っているし、将来旦那の実家に帰ろうと私の地元に戻ろうと職は失わないのでメリットの方が大きいと思います。いや、そう思いたいw。

今の職場の人間関係がとくに悪くもなく、でも「仕事の内容がちょっとたいくつだなぁ」と考えている方がいるとしたら今の職場で楽しく働くのも「働きがい」の大きな理由になりますよ、とだけ言いたいです。

今の私に言えることは「前向きに転職しよう」より、「楽しく働ける場所はどこなのか」をじっくり考えてください、ということでしょうか。

▼ポチッと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ