その他のカテゴリー

あなたの番です│ 11話を見てわかったことと気になったこと。

あなたの番です

(注)あなたの番です、ネタバレあります!

『あなたの番です反撃編』が始まりました。『反撃編』は前半と異なる翔太の魅力が詰まってましたし、翔太の菜奈への愛が深すぎて菜奈を想い泣く翔太の姿に見ている私たちも胸が痛くなりますよね。

第11話 反撃編スタート

11

特別編のラストに流れた菜奈ちゃんの最期のビデオメッセージからスタートした第11話。菜奈ちゃんの怯える顔を見て怒りを抑えられない翔太はいったいどうなるのでしょうか。

では、11話の復習から始めます。

藤井はタナカマサオを殺していた

タナカマサオ

藤井はタナカマサオを殺せなかったのでは?考えていましたが、11話で藤井が自分の犯行を話していたことからタナカマサオ犯人は藤井であることが判明しました。

ダーツの矢がすべて入れ替わっている

ダーツ

2話でダーツの矢が映ったことにひっかかっていましたが、昨日の回でその理由が明らかになりました。まず、こちらの画像から。こちらは第2話で映ったダーツの矢です。

第11話のダーツの矢

そしてこちらが昨日翔太が研いでいたダーツの矢です。

ダーツの矢

2話のダーツの矢と比べてみると違いが一目瞭然です。

SNSでの考察 倒れていたイス

椅子は倒れていた

11話放送後、翔太犯人推しの方がツイートされていました。

警察が家に来る前、リビングでダーツの矢を研いでいた翔太。

神谷がリビングに入った時、翔太の座っていた椅子が倒れていたが、神谷が来る前まで椅子は倒れていなかった。翔太、二重人格?もう一人の翔太が・・・。

結果から言うと神谷が来る前から椅子は倒れていました。みんなの見間違いと最初は思ってましたが夜のシーンでまた椅子が倒れていたんです。なにかの伏線なのでしょうか。

お金くさい感じもしてきたキウンクエ蔵前の住人たち

住人定例会

(画像中央の緑のマルは、ネット読み込み中のアイコンですので特に意味はありません。)

全話数回見直しましたが、見るたびに気になってきたのが「お金」絡みのセリフです。

  • 手塚夫婦のマンションは菜奈が頭金を出している(翔太と菜奈の会話)。
  • 手塚夫婦の購入したマンションは3,780万円。
  • 菜奈がデザイナー、共働きと聞いた途端全員の動きが止まった(住人定例会の時)
  • 4,000万切るんじゃないかと思っていた(石崎洋子)。
  • 資産が減っているのと同じこと(赤池美里)。
  • 1,000万円もらえるなら殺人を犯せる(管理人)。
  • 家賃滞納(浮田)。
  • 会長(現:榎本or元田宮)をゆすっている?(管理人)。
  • 神谷刑事が二年前に情報を流して150万円受け取っている(榎本夫と神谷の会話)。

ストーリーテラーの竹中直人さんが最初に「殺人を犯す人は顔見知り(知り合い)が多い」と語っていましたが原因については言及していなかったので殺人のきっかけは金銭トラブルが多いのではないかと考えます。

マスターキーのなかった203号室

マスターキー

新管理人が木下あかねに3階の誰かの部屋のマスターキーを渡していたとシンイーから聞いた翔太が、新管理人に「302号室(翔太と菜奈の部屋)のマスターキーを木下に渡しただろ」と問い詰めたところ渡したキーは304号室であることが判明します。

  • 分譲の部屋にはマスターキーがないこと。
  • 賃貸の部屋のマスターキーは管理人が保管していること。

でも保管しているキーを見る限り一部屋足りません。203号も分譲だったのでしょうか。

1話の管理人の発言

部屋チェック

竹中直人さん扮する管理人のセリフを思い出しました。手塚夫婦引っ越しの日、管理人が部屋のチェックに手塚夫婦の買った302号室に訪れました。そのときに「現状確認」と言って部屋の写真を撮り始めました。

「(部屋を)出るときに敷金返すの返さないのってトラブルが多くてさ」

と話してましたが、今思うとおかしいですよね?管理人がもしもマスターキーの有る、無しだけで「賃貸」か「分譲」かを判断したとしたら・・・。302号室のマスターキーは管理していた箱にあったってことです。それが11話で翔太が見たときには302号室のマスターキーはありませんでした。

菜奈たちの住んでいた部屋はそもそも分譲ではないのか、もしくはマンションの階、部屋番号で私たち何かに騙されている?謎が謎を呼びます。

まとめ毎回

考察だけでこれほど盛り上がるドラマも珍しいのではないでしょうか。DVDが発売されたら買ってしまいそうな自分が怖いと思う今日このごろです。

▼ポチッと押していただけると励みになります。


エンターテインメントランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村