Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
海外ドラマ

知らないと損する海外ドラマ~その2~

海外ドラマ

日、2本の海外ドラマをご紹介しましたが、その続きでどうしてもお伝えしておきたい海外ドラマ3本を記事にしたいと思います。海外ドラマってなんでこんなに面白いんやろう~。

あわせて読みたい
海外ドラマ
知らないと損する海外ドラマ~その1~わが家では、今なぜか海外ドラマ「24-TWENTY FOUR-」が再ブレーク中でございます。シリーズ1から見直しているという、先の長い旅...

コールドケース

ジャンル:サスペンス

吉田羊さん主演で、日本版としてドラマ化されましたよね(見てないけど)。

本家は、アメリカのドラマです。舞台はフィラデルフィア。主要人物たちがいつもコートを着ているのでシーズンは冬で統一されているっぽい。

ストーリー

過去の未解決事件を捜査する部署で働く刑事たち、が主人公。

刑事たちにもそれぞれ人生のドラマがあり、シリーズを通して刑事事件と物語が進んでいきます。

事件はかなり過去のものもあれば、最近のものも。毎回、事件が起きるところから始まりますが、その

最初のシーンと、犯人が捕まる最後のシーンで、当時流行した音楽を流すあたりがアメリカっぽくてオシャレ

終始シリアスなドラマ。主人公のリリー刑事のヘアスタイルにもご注目!アメリカでは話題になったそうですよ。

CSI:マイアミ

ジャンル:サスペンス

CSIシリーズは「科学捜査班」が有名だが、今回ご紹介する「CSI:マイアミ」や「CSI:ニューヨーク」は、「科学捜査班」のスピンオフとして作られたそうです。

※ちなみに「CSI:ニューヨーク」は見たり見なかったりだったので触れません。あしからず。

ストーリー

フロリダ州のマイアミが舞台。

CSIとは「鑑識」のこと

ですが、日本の「鑑識」とは異なり刑事の仕事も兼ねています。CSIは特殊部隊なんですかね(;^_^A。

最先端の「鑑識」技術が使われているのか、事件解決の糸口は毎回驚くような鑑識方法ばかり。先ほどの「コールドケース」と同じように、主要人物それぞれのストーリーもシリーズ全編を通して見てほしいと思います。

主人公のホレイショが、現場に向かう時に乗っているハマーがカッコいい。マイアミだから似合う車。

ミディアム~霊能捜査官アリソン・デュボア~

ジャンル:サスペンス

検事局に勤めている主婦のアリソン・デュボアが持つ特殊な力で、難解な事件を解決していきます。

ストーリー

実在する事件の夢で目覚める主人公のアリソン。ストーリーはそこから毎回始まります。

事件のワンシーンであるその夢をヒントに、事件の解決へ導いていくというちょっぴりホラーも含まれるストーリー。

オカルトが苦手な方には、あまりおすすめできません。オカルト好きの私でも一人で見るのが怖いときもありました(;^_^A。ただアリソンの周りにいる家族や仲間が本当にステキで癒やされます(とくにアリソンの旦那様がステキ!)

まとめ

海外ドラマにはまると、日本のドラマが物足りなくなります(スケールが違いすぎるっ)。

以前、「ダウンタウンなう」のはしご酒で小栗旬さんがゲストだった時に小栗さんが「日本のドラマが面白くない」(やってはいけないことが多すぎる)と話していたのも、海外ドラマを見ているとなんとなくわかる気がします。

日本でも海外に負けないくらいのドラマ、あわよくばシリーズ化できるくらいのものを作ってほしいと切に願います。