婚活

アラフォーネット婚活 | 結婚は2つの行動をすることで近づける。

なぎママ
なぎママ
婚活という言葉が世に出る前から婚活をしていたなぎママです。

20代後半から10年ほど婚活をしていましたが、その間にも近しい友人が結婚したり出産したり新しいステージに上がる姿を横で見つめては焦りと妬みを抱えていたと思います。いつ婚活に終わりがくるのか途方にくれたときもありましたが、その時の自分は何かを変えるタイミングだったのではないかと思います。

自分の婚活経験をふまえて導き出した「婚活成功法」を今回はお話しますので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです!

結婚への近道 │ 婚活成功法を実践する

バイザヤードのジンクス

周りの友人たちの結婚ラッシュが続くなか、会社でも出会いのなかった私は本格的にネットでの婚活を始めました。20代後半で始めた頃は男性からの申し込みも多かったものの、30代に入るとその数もみるみる減っていきました。

婚活の世界は想像以上にうまくいかず、傷つくことも多々ありました。自尊心をズタズタに傷つけられることなんてしょっちゅうです。いちいち傷ついて落ち込んで…。でも、今思えばそもそも私の婚活への「意識」が間違っていたんです。

自分の間違っていた意識を変えたら、結婚に繋がる。そんな簡単なことだったと気づくのに私は10年かかりましたが、みなさんはこれからご紹介する婚活成功法にチャレンジしてください!

1.お相手の条件を1つ消して検索する

婚活疲れ

婚活サイトでは、相手に求める条件で検索することができます。たとえば収入は¥〇〇円以上、身長は〇cm以上、家族構成は…趣味は…出身地などなど。

自分がこれだけは譲れないというお相手の条件ってありますよね。その条件を一つ消してお相手を検索してみてください。

検索機能を使っている方で1つしか条件を入れていないからこれ以上消せないという方もいるでしょう。それでもあえて条件をゼロにするくらいの気持ちで検索してみてください。自分に合う人を見つける前にどんな方が婚活をしているのかを一度俯瞰でみてほしいのです。

私が絶対に譲れなかった2つの条件

私の経験でお話すると、私はこの2点は絶対に譲れない条件でした。

  • たばこを吸う人
  • 離婚歴(子どもあり)※子どもとは別居も含む

20代の頃、仲の良かった友人の一人が23歳で電撃婚をしたんです。結婚相手は一回り以上年上でバツ1子どもあり(ただし別居)。養育費を払っている方でした。

結婚後、友人から「バツ1はいいけど、養育費のない人にしなさい」と幾度となく言われていたのでwなんとなく自分の中の条件に組み込まれていました。

私の夫は思いっきりその条件に当てはまる人でしたが、結婚に繋がったので自分の中の条件を削って良かったと今は思います(が、養育費はないに越したことはない)。

条件を削るはめちゃくちゃ効果あり

条件を一つ一つ削っていくと気づいたこともありました。たとえば、たばこを吸う人の場合だと「相手が嫌ならたばこをやめる」とプロフィールに書いている方もけっこういらっしゃいました。

相手を優先して自分を変えると宣言している人を私は検索ボタン一つで消去してたんですよね。削れる条件を増やしていけば出会いは倍以上に広がる可能性もあります。

遠距離の人もそうです。会社によっては異動できるケースもあります(私がそうでした)。なのであえて絶対に譲れない条件を一つ消して出会いの幅を広げてみてください。

2.自分をプランニングする

関東関西

検索機能をフル活用していた時期もあれば、「検索機能」を使わないと決めたこともありました。相手の条件ばかりにこだわるのではなく、もっと自分を知ってもらおう、自分をプランニングするほうへシフトしたのです。

検索以外の婚活サイトの機能をすべて使ってやるくらいの勢いで始めるとその結果、新しい発見がありました。

  • サイト内のブログ機能を活用、毎日ブログを書くようなった。
  • ブログに料理の写真をアップした(料理は苦手です)。
  • 男性側のブログも見るようになった(プロフ以外の写真を楽しめる)。
  • コメントをつけるようになった。

一つ発見を見つけると、不思議なことにいろんな人と話してみたいと思えるようになりましたし、自分をアピールする場はプロフィール欄だけではないことに気づくこともできました。

そのうち自分のブログにもコメントをいただくことが増えました。コメントを残してくれた一人が夫です。旦那はバツ1、子どもあり(子どもは元奥さんと暮らしています)。私が自分の条件にこだわっていたら出会うことはなかったと断言できますし、考え方を変えたおかげで手に入れた出会いだと実感しています。

私が最後に利用した婚活サイト

婚活アイテム

20代の頃はヤフー縁結び、30代はユーブライド、ブライダルネットに登録。使いやすかったブライダルネットで婚活をした結果夫と出会い、今に至ります。

ブライダルネットをググると悪い評判ばかりのように映りますが、私個人的にはサイトが使いやすかったこと、コンシェルジュという悩み相談担当の方の対応が非常に良かったので悪評に目が留まってしまうのはちょっと残念です。

まとめ

婚活がうまくいかずに停滞している方は、自分へダメ出しするのではなく「プランニング」を試してほしいと思います。自分の見せ方を考えてほしいのです。

それが日記でも写真でもなんでも構いません。自分をアピールすると相手がアピールしたいことも見えてきますし、何より互いの本音を知ることができます。いろんな人とコミュニケーションをとることは絶対に遠回りではありませんので楽しみながら婚活を続けてくださいね。

あの人が結婚相手を見つけた意外な秘密とは。
▲夫と私が出会った婚活サイトです。今もブログ機能はあるのかなぁ?

 

▼ポチッと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村