Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他のカテゴリー

つけま、エクステは元気に働く女性のミカタ!

エクステ

まや男性も「つけまつ毛」や「エクステ」をするようになったんですね(*”ω”*)。なぜそのように感じたかと言うと、ある番組にぺこりゅう(ぺこ&りゅうちぇる)が出演していたんですが、りゅうちぇるの目元にくぎ付けになった私。

つけまつ毛(もしくはエクステ)してる!!!

なかなかの衝撃でした。だって明らかに目元が女の子だったし。でも中性的なりゅうちぇるのキャラでつけまつ毛もすぐに見慣れましたけどね。

たかがまつ毛、されどまつ毛

私は、つけまつ毛をした経験がありません。購入したこともありません。なぜなら、

不器用だから!

です。

つけまつ毛って手先が器用でないとつけることができないので、若い子たちって器用なんだなぁといつも感心しています。

そのかわりと言ってはなんですが、20代から30代頃までまつ毛パーマをかけていました(当時はエクステなんてなかったのだよ)

京都で自宅開業されているお姉さんが母の知り合いにいまして。

まつ毛が上がるだけでこんなに顔の雰囲気がかわるのか

と衝撃を受けたことを今でも覚えています。それ以来、まつ毛パーマは欠かすことのできないオシャレアイテム(アイテム?ではないけども)となりました。その後、エクステが登場し現在に至ります。

エクステのもどかしさ

エクステがはやりだした頃、大阪の梅田へエクステ体験しに行きました。

エクステ

施術が終わり、手鏡で自分の顔をみたとき・・・

エクステの効果って・・すごいっっっ!

自然なまつ毛の長さ、ほんもののまつ毛の柔らかさ・・・まつ毛の量が増えるので目元もかなりはっきりします(まつ毛パーマの場合、量は増えないからね)

まつ毛パーマ以上に感動~。

お値段はそこそこしましたが、この仕上がりなら納得!定期的に通うか!とまで決心をさせたエクステ。

ところが、翌朝にこの考えをくつがえすできごとが。

エクステのあまりの自然さにつけていることを忘れ、いつもどおりの洗顔をした時に気づいたんです。

目元をゴシゴシ洗ってはいけない。

でも、顔はゴシゴシ洗いたいしタオルでバサバサと拭きたい!洗顔をするたびに毎回「エクステ取れないように」と意識することがストレスになりそうなので、エクステの継続を断念しました(断念する理由が男前やろ)

目元の印象で顔が変わる

エクステはあきらめ、まつ毛パーマに戻った私。まつ毛パーマでも十分に気分は高揚するのでその後10年以上通いました。

現在、私のまつ毛はごくごく自然な状態(まつ毛パーマもエクステもしていません)ですがそれでも時々まつ毛のオシャレがしたいな、と思います(美容院よりも)

それだけまつ毛が顔にもたらす印象は大きいのです。

大きな仕事を任された時、人前に出る時、いつもまつ毛パーマで気合を入れていたことを思い出します。

働く女性の元気のミナモトになっているまつ毛のオシャレ。

女性の味方

自分に自信がもてないない方に、ぜひチャレンジしてほしい!オシャレの最大の敵は

オシャレすることに躊躇する

ことです。新しい自分をみつけるために、勇気をだして一歩前にすすんでみましょうね。