Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
音楽

見えない曲のタイトルを探し続けて。

ギルバートオサリバン

イトルはわからないけど、好きな洋楽ってありませんか?洋楽だけに歌詞が英語なので歌いたくても歌えないし、人にも聞けないという(;^_^A。鼻歌で聞かせるのも、何故かものすごく勇気がいるし。

というモヤっとした感情を過去に数年間持ち続けたことがあります。

誰もが耳にしたことのある名曲

たまたま知り合った「音楽に詳しそうな人」に思い切って気になる曲について聞いてみました。

もちろん歌うことは出来ないので、その曲が起用されていたCMを事細かく説明。するとあっけなく曲のタイトルがわかりました。

◆タイトル:Alone Again – Naturally

◆ミュージシャン:ギルバートオサリバン

1972年に作られたこの曲は、90年代に流れていたタバコのCMソングに起用されました。

“Alone Again – Naturally”/ギルバートオサリバン

これこれー!この曲!ご存知ない方でも一度は耳にされたことないでしょうか?

曲が起用されたCM

現在ではあまり見かけなくなったタバコのCM。

俳優の寺脇康文さんが出演されていたんですが、当時彼の名前を知っている人が周りに少なかったことも曲のタイトルがわからなかった原因の一つです。

「ほれほれ、寺脇さんが出てるCMの曲で~」と言ったところで「寺脇康文って誰?」の時代。今でこそ「相棒」でいろんな年齢層の方がご存知かと思いますが。

ちょこっと話がそれますが「相棒」で共演された水谷豊さんとは刑事ドラマとしては2回目なんですよね。1990年~1992年まで放送していた「刑事貴族」シリーズが最初の共演です。「刑事貴族」はネタがたくさんあるので次のブログであらためて「刑事貴族」愛を語らせていただきます( *´艸`)。

話をギルバートオサリバンの曲に戻します。

懐かしさを感じる曲

初めてCMから流れたきたこの曲を聴いたときに、「懐かしさ」を感じてキュンとしたんです。

恋煩いの「キュン」ではなく、離れた故郷を思い出すような(そんな故郷は実際にはありませんが)。何度聴いても飽きない、そんな曲です。

実は、ギルバートオサリバンは今も現役!ウイキペディア情報だと1946年生まれらしいので年齢にすると71歳。”AloneAgain”をよく聴いていた頃、東京でギルバートオサリバンのライブがあると知った時は、一人で東京(たしか新宿)に行こうかと真剣に考えました!(新宿が怖くて(当時のイメージ)諦めました。)

今後、もし東京でライブをされることがあればその時は絶対に行こう!と心に誓っています。実現するといいなぁ。

error: Content is protected !!