Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
漫画

いま、一番気になる漫画を完全チェック!!

電子漫画

、電子書籍ではまっている漫画が2つあります。普段は漫画を読まないんですが、たまに旦那の漫画を盗み読み(言い方・・・)しています。

過去記事にも書いた「いぶり暮らし」が唯一手にして読む漫画、あとは旦那の婿入り道具であった「動物のお医者さん」くらいです。(「動物のお医者さん」はリアルに役立つこともあり)

いぶり暮らしの過去記事はこちら。

あわせて読みたい
いぶり暮らし
<レシピまんが>燻製好きの燻製好きによる燻製好きのためのいぶり暮らし漫画が大好き!な旦那をもつ、なぎママです。漫画、いつ頃から読んでないだろう~。小~中学生くらいまでは読んでいましたが、大人になると小さな...

今回はそのはまっている電子書籍を紹介します。

あなたのことはそれほど/いくえみ綾

これは先日までTBSで実写化されていましたよね。ドラマではまって漫画を読んだパターンです(先が知りたくて)。

『いくえみ綾さん原作』というのも、ひかれた理由の一つ。私たちの世代だと「瞬きもせず」「ホットロード」ですからね。ヤンキーが主人公じゃない「こんな漫画もあったのね。」という新鮮さが魅力でした。

ドラマで主人公を演じた波瑠さんがなぜかたたかれていましたけど(;^_^A、漫画の美都の方がもっと悪女ですから(笑)。

とくに自分(美都)が妊娠していなかったと知ったときの、「(未来の)子供が自分を選んでくれなかった」美都のじだんだ・・・

めっちゃ怖かったー!

ドラマでの美都の悪女っぷりは、物足りないくらい!ドラマでは最終回を迎えましたが、マンガは継続しています。

また一波乱あるんじゃないかなぁ。

死役所/あずみきし

これが今の一押しです。「命の尊さ」や「人間の裏の姿」が描かれており、とても人間臭さが詰まっています。

「生きる」ことへの責任を背負わされるというか・・・読み手によって幾重にも考えが生まれる漫画、と言ったほうが近いかもしれません。

「死役所」とは、この世とおさらばした人たちが成仏する前に通らなければいけない役所のこと。「死役所」にはそれぞれ担当の部署があり、「自殺課」「人為災害死課」「がん死課」「成仏課」などにわかれています。

死役所で働く人たちは、現世で死刑囚となった人物たちなのであの世にきて「死役所で働きたい!」と思っても、死刑囚でない限り無理なんですよね。

総合案内「シ村」

「お客様は仏様ですから」

が口癖の主人公シ村。(すでに仏様しか死役所に来ないですけどね)

いつも、作り笑顔を絶やさない死役所職員です。彼ももちろん死刑囚。どうやら奥さんと子供を殺されたようなんですが、詳細はまだ隠されています。

亡くなった人たちが最初にまずやってくる「総合案内」は死役所のなかで一番忙しい場所なのに、シ村は自ら進んでそこで働いています。

誰かを探している様子なので、妻子の死に関係しているんだろうということが読み取れます。

ときに見せる、冷酷な表情のシ村。問題のある人物には、容赦なく浴びせる冷淡な一言。この上ない魅力的なシ村の過去が知りたくて、ずっと読み続けている状態です(;^_^A。

泣けるストーリー

「なぜ死に至ったのか」というところが、ストーリーの中心になっています。いろんな人の「死の迎え方」が(故意でもそうでなくても)、なんとも人間臭さくて。

ときにいたたまれない感情が沸くこともありますが、もう止められません。

登場人物

ここも魅力の一つ。一話一話はショートストーリーなんですが、共通するのは死役所で働く人々。やはりそれぞれここで勤める理由があります。

死刑囚と言えど、同情できる部分があるのでそこが明かされていく部分に感動が隠されています。

ただ、一つだけ気になることが。死役所で働く人たちは、

名前の一部が「カタカナ」表記

なんです。

「シ村」「ニシ川」「イシ間」、一文字の名前の人は「ハヤシ」(すべてカタカナ)。ここも何か意図が隠されているのかな、と(考えすぎか!?)

これから夏休みもやってくるので、お時間のある方は一度この2冊をチェックしてみてくださいね。