Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
犬のこと

<犬のワクチン>注射の時期とその費用とは。

狂犬病ワクチン

明日はいよいよ?!なぎのワクチン注射最終日。最後のトリは『狂犬病ワクチン』です。これまでの混合ワクチンを含めると明日は4回目の注射です。

まだまだパピー期のなぎにとって注射は痛いと感じる前にあっという間に終わるものだと思うんですが私たち飼い主にとってはワクチン接種までの期間、子犬の体調管理はけっこう大変だったりしますよね。

それに狂犬病予防注射は今までの混合ワクチンとは違い、国が義務付けているものです。なぜ義務付けているかというと、『狂犬病はウイルスの一種』です。予防注射をしない状態で狂犬病にかかる(犬や人がウイルスを発症した場合)と100%命にかかわります。

なぎママ
なぎママ
この記事では、犬にとっても人にとっても大切な狂犬病予防注射についてお話しします。

ワクチン接種の疑問あれこれ

狂犬病のワクチン注射がいつ頃になるのか?ですが、通常市から届くワクチンの案内は4月頃です。でも犬と暮らすタイミングや犬の生まれた月により4月に打てないケースもありますよね。

ワクチン接種はいつ?

なぎの場合、生まれ月が1月。3,4カ月頃まで他のワクチン接種を行っていたため4月に狂犬病の注射を打つことはできませんでした。

たとえ注射の時期がずれたとしても、だから打たなくても良いことにはなりません。いつ打てばいいのかわからない場合は、最寄りの動物病院に相談しましょう。

ワクチンを接種する場所

かりつけの動物病院、または(お住まいの)各市町村の保健所です。なぎはかかりつけの病院で注射しました。

慣れている先生のほうが安心だし、万が一注射の副作用が出たとしてもすぐに対応してもらえると考えたからです。

狂犬病ワクチンの費用はどのくらい?

稲城市の場合、

3,650円(注射代3,100円・予防注射済票交付手数料550円)

動物病院も同じ価格(だったような)でした。狂犬病ワクチンのついでに「ノミ、マダニ」と「フィラリア予防」の相談できたので、うちにとっては動物病院のほうが都合よかったです(;’∀’)。

ちなみに、ワクチン注射の翌日以降に「ノミ、マダニ」と「フィラリア予防」の薬は飲ませて(つけて)くださいとのことでした。

まとめ

翌年以降は、「そろそろ狂犬病予防接種ですよ~」というお知らせが保健所、またはかかりつけの動物病院から届くので「ついうっかり」忘れてしまうということはありませんのでご安心を。

SNS等で情報があふれているだけに、その情報で振り回されることもあるかもしれませんが私たちがしっかりしないといけないし何かあっても飼い主の責任なのだと考えながら楽しくバタバタと犬との暮らしを楽しんでいる今日この頃です。

なぎママ
なぎママ
狂犬病ワクチンが終わったら、やっと初カット(トリミング)だ~。ボサボサよ、さらばじゃ~!

▼ポチっと押していただけると励みになります。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村