Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
映画

<ネタバレあり>実話映画「15時17分、パリ行き」をみて。

クリントイーストウッド監督

しぶりに、映画館へ足を運んだなぎママです。今回は夫婦とも見たい映画が一致したこと、水曜はレディースデー(*´з`)であること、この2つのタイミングが合いまして見てきました~。

クリントイーストウッド監督の実話映画「15時17分、パリ行き」。

ネタバレ含みます~。これから見る予定のある方はぜひ他の記事に遊びに来てください(^_-)-☆。

15時17分、パリ行き

この映画を見たかった理由としては、まず「実話」であるということ、そして珍しいことに、

主人公の3名が、事件の当事者であるということ!

このキャスティングは、映画界初ではないのかな??

クリントイーストウッド監督から出演オファーを受けた3名は、当初スタッフとしてこの映画に関わっていましたが、自分たちが演技をするとなると一気に不安が沸き上がったそうです。

でも、私たちからすると「不安なんてあったの???」というくらい誰が事件当事者で、誰が役者だったのかわかりませんでした!

だって、演技うますぎ!

とてもナチュラルな演技でしたよ。

タリス銃乱射事件

この映画は、2015年8月21日に高速鉄道タリス内で起こった「タリス銃乱射事件」が題材となっています。

一人のテロリストを乗せた列車。その列車の中に、偶然乗り合わせた勇敢な3名の若者によって大きな事態を免れたという実話です。

もしこの3人がいなかったら、乗客554名の命はなかったかもしれない。一人の犠牲者(命は助かりました!)は出たものの、一人の死者も出さなかったこの事件はテロリストには屈しないという決意の表れにもなったと思います。

ストーリー

実話に基づいた映画であることは、見る前からわかっていたのですがどうしても列車内の本編映像(予告編)を見ていたので、アクションの時間が長いのかなぁと思いきや、3人の幼少期~学生~社会人までの成長期が主でした。

ハラハラドキドキしたのは、映画もラストに近づいた5分~10分程度。犯人も主人公たちの手際の良さによりすぐに取りおさえられます(だから大きな事件にならなかったのか、と納得もしましたが)

なので、「ちょっと重いかな?」という見る前の想像は良い意味で裏切られ、クライマックスまでは、ほんわかとした気分で映画を楽しむことができます。

現実の事件を知り、テロは身近なところにあるということを忘れないためにも、一度は見ておくべき映画なのではないかと個人的には思いますし、お勧めしま~す。

▼オフィシャルサイトはこちら。

▼予告編はこちら。


『15時17分、パリ行き』衝撃の本編映像