その他のカテゴリー

青空の下でかがやく英国ロイヤルウェディング。

ロイヤルウェディング

きほどまで、NHK(BS)で生中継されていたイギリスのハリー王子とハリウッド女優メーガン・マークルさんの結婚式を見ていました。

アメリカナイズな大人の結婚式

結婚式の中継が20時から始まっていたようなのですが、ついうっかり(;’∀’)してまして途中から見始めました。式を見た第一印象は、

温かみのある結婚式

もっと派手で仰々しいお式になるのかと思いましたが、一般の方があげるような雰囲気のお式でした。こぢんまりというか、シンプルというか。

列席者のベッカム夫妻や俳優ジョージ・クルーニー夫妻をみると華やかではありますが、遠い世界の結婚式には見えなかったというか。

とてもステキな式で好感がもてました。

メーガンさんの選んだウェディングドレス

メーガンマークルさんの着るウェディングドレスが、

どこのブランド?

 

だれがデザインした??

と以前より話題になっていたようですが、当日まであかされなかったようですね。お式の途中で発表されました!

ウェディングドレスデザイナー

デザイナーは、ジバンシィのアートディレクターでもあるクレア・ワイト・ケラーさん

。二枚重ねのシルクドレス。広がりをおさえ、レースもついていないシンプルな長袖のドレス。品がありますね。

シルクの光沢がメーガンさんの輝きをひきたてます。

ハリーとメイガン

メイガンさんの出演されていた海外ドラマ「スーツ」の全キャストも列席していたとか。仲の良さもうかがえます。

まとめ

こうして結婚式を見ていると、思い浮かぶのはダイアナ元妃。子どもの結婚式を見たかっただろうし、孫を抱きたかっただろうな・・・なんて(;^_^A。

イギリス王室も過去にいろいろありましたが、チャールズ皇太子、カミラ夫人、エリザベス女王が今こうして一列に並んでいる姿をみると時代を感じざるをえません。

日本では悲しいニュースの続く中、おめでたいニュースは何度みても良いもんですね。